TOP > エンタメ > Cocomi×脳科学者・中野信子の対談Part3。子供時代から音楽に親しむことの効果とは。【新世代のミューズCocomiが学ぶ】 | Vogue Japan

Cocomi×脳科学者・中野信子の対談Part3。子供時代から音楽に親しむことの効果とは。【新世代のミューズCocomiが学ぶ】 | Vogue Japan

10コメント 2020-06-07 16:18 | VOGUE.COMキャッシュ

子どものころから音楽に触れて育つのはよいことだ、とよく言われるがその根拠は? 脳科学者の中野信子との対談シリーズはこれが最終回。音楽にあふれる家庭環境に育ち、幼いころから複数の楽器を習ってきたCocomiが、中野とともに考える「子どもの音楽教育の効能」について。※Part1はこちら。※Part2はこちら。...

ツイッターのコメント(10)

ココミサマが好きなので秒で読んだ記事より↑
「メタル脳」の著者。Cocomi×脳科学者・の対談Part3。子供時代から音楽に親しむことの効果とは。【新世代のミューズCocomiが学ぶ】
そうなんか。ということは、私が憧れる「気づかない人」になるには、音楽を子供の頃にやらない方が良かったわけね。考えない、気づかない、本能的に生きる。これが今の私の憧れ。
> マルチタスクの機能が、7歳以前に音楽を始めた人は、そうでない人より高くなることは科学的にわかっています。だから音楽は早くから始めるに越したことはありません。

子供時代から音楽に親しむことの効果とは。| Vogue Japan
脳科学者の中野信子さんとcocomiちゃんの対談で。
7歳前から音楽はじめた子は、右脳と左脳の橋渡しの部分、マルチタスクの成長にいいそう🎵
音楽の楽しみ方を自由に拡げて行って欲しいです🎶

脳への影響も含めてより広い市場作りを🧠
興味深い脳科学者の記事

全方向気配りの羽生さんの初スケートは4才だった?

「7歳以前に音楽を始めた人はそうでない人よりもこの部分が成長しているんですね。とくに脳梁の後ろの方が成長しているので、マルチタスク、つまり同時にいろいろなことに目配りできるんです。」
私たちの脳には右脳と左脳を結んで橋渡しする脳梁と呼ばれる部分があるのですが、7歳以前に音楽を始めた人はそうでない人よりもこの部分が成長しているんですね。

とくに脳梁の後ろの方が成長しているので、マルチタスク、つまり同時にいろいろなことに目配りできるんです。
Cocomi×脳科学者・中野信子の対談Part3。子供時代から音楽に親しむことの効果とは。【新世代のミューズCocomiが学ぶ】
Cocomi×脳科学者・中野信子の対談Part3。子供時代から音楽に親しむことの効果とは。【新世代のミューズCocomiが学ぶ】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR