TOP > エンタメ > デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を酷評されて「辛かった」。 | Vogue Japan

デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を酷評されて「辛かった」。 | Vogue Japan

12コメント 2020-04-15 13:11  VOGUE.COM

デイジー・リドリーは、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に対するファンの評価に落胆したという。

ツイッターのコメント(12)

@trooperkt0108 デイジーの演技ではない本気の涙に、グッとくるものがありますよね。
レイもよく頑張ったけど、デイジーもよく頑張った!!👏👏
この涙を見た後この記事を読むと、尚重みが増します。
宝探しと顔芸を2時間見せられただけだから怒るよ、ソーシャルメディアよりもディズニーに買収されたとか映画産業の構造問題の方が深刻だろ。
スターウォーズは完結までに時間がかかりすぎちゃったからな~。その間にファンの中の俺のSWができちゃったんだろうな~。今、SEED劇場版やってもそうなるんだろうな~w
ごめんね。
酷評してるのは思いやりのないファンを騙った老害と、シリーズをよく見てない馬鹿。
映画の評価は人それぞれだから、
一生懸命作った作品を酷評されるのは誰でも辛いよ。。
偶然か、LINEニュースでこれを見るちょうど直前まで、思い返したようにEP9のイースター記事見て作品への愛の深さを感じていた
EP9を酷評することは今後も決してないだろう
レイちゃん好きなので申し訳ありやせんっしたぁ!!!!
スター・ウォーズぐらいの映画となると主演は栄誉と言うより、過大な期待で苦行になるのかも。プリクエル三部作のアナキン役の俳優も似たような感想を言ってた気がする。
ファンの同作品への反応は、ソーシャルメディアに影響されていると考えているそうで。。。
頑張ろうが何しようが駄作は駄作だぞ(辛辣)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR