TOP > 科学・学問 > 国内で143年ぶりのオオムカデの新種発見!渓流に潜む、翡翠色に輝く国内最大のオオムカデ~日本初、世界で3例目の半水棲ムカデ、沖縄の4地域と台湾から発見され、沖縄の故事にちなみリュウジンオオムカデ(琉神大百足)と命名~ | 琉球大学

国内で143年ぶりのオオムカデの新種発見!渓流に潜む、翡翠色に輝く国内最大のオオムカデ~日本初、世界で3例目の半水棲ムカデ、沖縄の4地域と台湾から発見され、沖縄の故事にちなみリュウジンオオムカデ(琉神大百足)と命名~ | 琉球大学

20コメント 2021-04-13 11:35  www.u-ryukyu.ac.jp

今回のムカデを新種記載するための模式標本や関連する文献・情報等を本学博物館(風樹館)が提供しました。 今後、...

ツイッターのコメント(20)

あいやムカデを竜にたとえてるわけではないな、やってしまった…
〈琉球大学〉2021年04月13日|国内で143年ぶりのオオムカデの新種発見!渓流に潜む、翡翠色に輝く国内最大のオオムカデ〜日本初、世界で3例目の半水棲ムカデ、沖縄の4地域と台湾から発見され、沖縄の故事にちなみリュウジンオオムカデ…| 〈情報紹介:計量計測データバンク〉
沖縄で143年ぶりに新種のオオムカデが発見されたみたい。琉神大百足。
体長約20cm体幅2cmは大きすぎる…
むかではゴキブリを食べてくれるよ。
こんなでかいムカデが「未発見」だったりするの、まだまだそういうのあるんだろうなぁ
おはようございます!
今朝は「国内で143年ぶりのオオムカデ発見」のニュースを見て、ワクワクしました!「リュウジンオオムカデ」、高級車のような色合いでカッコイイです。日本にもまだまだ新種は多く隠れていそうですね。本日も頑張りましょう!
↓琉球大発表↓
沖縄で新たなムカデの新種発見!
不快ではなく格好いいと個人的には思います。
日本国内で143年ぶりに大ムカデ(約19㎝)の新種。今のところ、台湾と沖縄にしかいない、かつ、半水棲のムカデとしては世界3例目の報告という点で貴重。
Web新聞で見かけたんですけど琉大のこの説明が非常に良かったので節足動物が苦手な方は薄目でお目通しを(笑)
おおおおお!
名前かっこよすぎる・・スンナリヨコエビとかフキソクミミズからクレームが入るレベル。
凄い発見だけど、20㌢かぁ😅
毎夏ムカデに苦しめられる身としては、複雑😅
絶滅危惧種だけど家に出たら、殺してしまうのだろうなぁ。
ってこのサイズ、殺虫剤効くのか?

文献は興味深いので読んでみて下さい。
これか~
“21世紀に入ってからの、これほどの巨大な陸上無脊椎動物の新種の発見は、沖縄の島々に未知の生物がまだ数多く存在することの証左であり、生物多様性や生態系の包括的な保全の必要性を訴えかけるものである。”

大事な指摘。知らぬ間に絶滅してしまった種もあるんだろうな。
光るムカデ、やっぱり生きてた😨
ネーミングが素敵です
そういえば舟にムカデを描いた「むかで旗」が掲げられていますね。
おめでとうございます!
すげーーー!新種だ!143年ぶりだってよ!!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR