TOP > エンタメ > ポール・マッカートニー、過去に観客が人種で分けられていたことで演奏を拒否していた! 人種差別問題に対し「声をあげないという選択肢はない!」 | tvgroove

ポール・マッカートニー、過去に観客が人種で分けられていたことで演奏を拒否していた! 人種差別問題に対し「声をあげないという選択肢はない!」 | tvgroove

10コメント 2020-06-08 17:56  TVグルーヴ

元「ビートルズ」のメンバーで、現在もソロアーティストとして活躍し続けているポール・マッカートニー(77)が、ジョージ・フロイドさんの死を受け、人種差別問題について言及、さらに過去のコンサートであったあ...

ツイッターのコメント(10)

つまりはイギリスよりアメリカの一部ではこの面では劣るという事かな。→
ビートルズが人種差別問題に関心を抱いていたというエピソードは知っているし、ポール先生のお気持ちもわかるが、ただ、今回の件、過激派団体の関与が指摘されていて、事はそう単純な問題ではないんだよなぁ。
肌の色や産まれ、時期、全ての差別はなくなるべきだ。
ポールそれ言うの遅くないかい?
新しい社会を作る第一歩が近づいていると思う。平和的に前に進もう。🚶‍♀🚶‍♂💓🕊🌈
聴いててよかった西寺郷太さんのビートルズ特集…!!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR