TOP > 社会 > 紅白の舞台・大塚国際美術館 米津玄師さん効果 “巡礼”続々|徳島の話題,文化・芸能|徳島ニュース|徳島新聞

紅白の舞台・大塚国際美術館 米津玄師さん効果 “巡礼”続々|徳島の話題,文化・芸能|徳島ニュース|徳島新聞

11コメント 2019-01-30 10:20 | 徳島新聞キャッシュ

徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さん(27)が、昨年末のNHK紅白歌合戦に初出演してから31日で1カ月。生中継の舞台となった鳴門市の大塚国際美術館には「聖地巡礼」するファンが相次ぎ、西洋名画約1000点の陶板画が並ぶ美術館の魅力にも注目が集まっている。 美術館は1カ月間の入館者数を公表していないが、正月三が日と3連休だった12~14日の入館者は前年より5割増え...

ツイッターのコメント(11)

大規模ふるさと納税
本当に聖地になるとは。
先日のコンサートの時は、徳島市内に渋滞情報が出たしね。
巡礼したい!🙌米津さん、徳島の経済回しちゃってる~😁🍋
鳴門駅⇔大塚美術館に「黒山バス停留所」ていう地味なバス停あるんですけど、そこは四星球「潮騒ぎ」のMVに使われてるんです!四星球ファンの方も是非いらして!
マリウス君の名前も載ってて嬉しかった😆💕
“巡礼”続々(徳島新聞)

見覚えあるなあ~思うたら行ったことあった件
マリちゃんのお名前も!!
ありがとうございます🙏
“巡礼”続々(徳島新聞)

混んでるよね、、、だよね、、、、
行きたいなあ、、、、
え!20周年!?そんなに経ってたのね・・・
公式のも載せとく
以上
 

いま話題のニュース

PR