打倒・森喜朗で始まった「ジェンダー平等」の暴走 愛知・半田市の伝統文化がめちゃくちゃ | 東スポのスポーツ総合に関するニュースを掲載

 東京五輪の聖火リレーを巡って思わぬ騒動が勃発した。愛知・半田市の一部コースが「男性限定」となっていたことが批判され、同市は「女性も参加可能」に方針転換。ところが、今度は地元の女性から疑問の声が上がる...

ツイッターのコメント(58)

>男性限定の『ちんとろ舟』を見ていましたが、女性差別と思ったことは一度もありません。逆に別の地区では女性しか乗れない山車(だし)もあります

今のリベラルは本当におかしい
フェミニスト・反人種差別などの人達は多様な社会を語りながら均一な社会を求めるみたいね
そんなだから何十年たっても不満を持ち続けるんだよ
風呂敷を広げ過ぎ
伝統的にやってるんだから何を今更、古いものの中には変えたほうがいいものもあるけど、残すことの大切さを失っちゃぁいけない。

 愛知・半田市の伝統文化がめちゃくちゃ(東スポWeb)
こんなのがあった⬇︎ >「男女平等と伝統をはき違えている」👈だよね😤
利権だけのイベントよりも伝統を重んじろ
元男性で手術もしなくても自分は女性だと思えば女性選手としてオリンピックに出れるようであれば、オリンピックに関係するなら女子禁制の場所に女性が入るも可でしょうね…
結局奴らの目的は日本をつぶす事なのです。
全国どこの祭りも同じように制約がなくしていきどこを見ても同じような凡庸な祭りばかりになれば客は行かなくなるだろうね
伝統文化に手を出してくるジェンダーやフェミは文化を破壊するテロリストと思っていい。
破防法の監視対象にするべきと思う。
はんだは山車も有名だけど、山車は地域によっては女性は触らない事になっている
祭りで山車を出した際も見張りを付けて触らさない様にしてる位厳格な祭り
泉州のだんじりも似てるかも

愛知・半田市の女人禁制の舟が聖火巡り方針転換 「納得いかない」の声も
 
PR