TOP > その他のニュース > 日本中にある“キリスト看板”製作現場を東スポがマスコミ初取材 | 東スポの社会に関するニュースを掲載

日本中にある“キリスト看板”製作現場を東スポがマスコミ初取材 | 東スポの社会に関するニュースを掲載

395コメント 2019-07-12 11:37  東京スポーツ

「地獄は永遠の苦しみ」「死後さばきにあう」「罪を悔い改めなさい」「神と和解せよ」…。日本全国いたるところで目に飛び込んでくる黒をベースに白と黄色の文字が書かれている恐ろしげな“キリスト看板”がある。大...

ツイッターのコメント(395)

あれって外国の方が作ってたのね 笑
あの看板作ってる人は人間の鏡みたいな人やったんやな
2015年06月20日 10時00分配信記事
手書きと思ったら違ったのか
印刷とは・・・
え とてもまともだった
なるほど。5年前のこの記事が元ネタか。
看板は家主の許可を貰って貼られ、家主は文言を選べると。センスが問われるな。家主が選ぶワード人気ランキング知りたい。
長年の謎が解けた
ほへー 宗教団体ではないと
いつぞやウォーキングの途中で見たあの看板は宮城県で作られていたとは。
しかも手書きに見えるあの筆文字、コンピューターで作ったフォントなんだと。

へぇ〜、そりゃフォントかい。

・・・神よ我を導き給へ
2015年06月20日 の記事。えーそうなんだ!
この看板を貼るとお金がもらえる(実際に貼った家の親戚から聞いた)以来の追加情報を得た。
実はあの看板はちゃんと許可を得て設置してる(らしい)
興味深いのは看板に書かれてる言葉はその建物の持ち主が選ぶってところ
あとこういう記事を作るところは好き
今も製造されていることに驚いた
キリスト看板を作ってる方の話。
こんな記事あったのか!あとで読もう。
宮城県で人格者のおじさんが作って活動してるよ。
– 東京スポーツ新聞社 (東スポWeb – 東京スポーツ新聞社)
「ネコと和解せよ」系看板って、宮城県で生産されていたのね...w >>
これなこういうやつ。皆やるといい。電信柱にある歌舞伎の目とかさ。言っても聞かねえもん
@futaba_channel @Kamiya820710 あの看板の正体、結構面白くてなかなか真面目なものだったりするんですヨ
あの看板の出処を調べたらマズい団体に行き着くと思っていたら……
この看板、青森ではわりとよく見かけた気がする。逆に、神戸近辺ではあまり目にした記憶がない…
あの黒看板、家主がクリスチャンだから掲示しているわけではないのか。
最近SNSで見かけた記事だが随分と日付が古かった。 / “ | 東スポの社会に関するニュースを掲載”
あの看板、実質個人プロジェクトだったということかな。これだけ全国に広めるのはすごいな。 /
ちなみに似たような看板の制作現場はこちらです。

気まぐれにその時の目的に合わせて、コロコロ対象を変えたい私たちみたいな人たちには一神性はぜんせん定着しませんでした。あと神が絶対という考えは毛頭ないです。みんな正しい時もあれば、間違う時もある。
手書きじゃなかったんだあれ。
「イエス・キリストは心の中にいるので、どこで祈るかは関係ない」キリストじゃないけどかなりわかりみが深い
ネコと和解せよ
へ、へぇ〜
家主に許可取ってるのは事実らしいけど、「ポスターを貼っていいか」と聞いてるそうな。それで貼るのが紙じゃなくてブリキのポスターなんだから、本当に神様がいたら罰せられるのはこいつらだろ。
家主と交渉して貼ってたのか
…宮城県で作られていたのか。随分昔からあるような気がしてたけど、発案者が80歳で現役バリバリ、設置場所の家主に文言を選択してもらうとか、古くなった看板を付け替えたりもしているというのは初めて知った。
意外と普通な感じだった…外国人だったとは思わなかったなぁ。
あのキリスト教看板の件。「私たちはよく仙台で英語を教えています。コンピューター会社もあります。そのお金を使って看板を作っています。45年間でだいたい35万枚。ステッカーも含め40万枚以上張りました。フォント(書体)はコンピューターで作っています。」
すごい熱意だ(╹▿╹๑)

| 東スポの社会に関するニュースを掲載
これは初めて知った。
#ネコと和解せよ
「ネコと和解せよ」…の元ネタ看板。
本当に記事通りならすっげぇ敬虔な人でビックリしたわ。
戦国時代の宣教師かよ。
もっと見る (残り約345件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR