TOP > その他のニュース > 「天国のマチカネコイノボリへ」 河内調教師と田中厩務員の想い | 東スポのJRAに関するニュースを掲載

「天国のマチカネコイノボリへ」 河内調教師と田中厩務員の想い | 東スポのJRAに関するニュースを掲載

19コメント 2021-05-05 12:26  東京スポーツ

【赤城真理子の「だから、競馬が好きなんです!!!」】  白状します。私はトレセン記者になった当初、河内洋調教師が「元ジョッキー」であることを知りませんでした。競馬ファンの皆さんとは大きな隔たりがあると...

ツイッターのコメント(19)

いつもパドックを悠然と歩いていた
懐かしい!
自分が高校生の頃に走っていた。関東に遠征したことが無かったので生の走りを見る事は出来なかったが、名前のインパクトは強烈に残っています。あのメンコは本物の鯉幟から作っていたんですね。
物故馬の記事を読むと、様々な方の悲痛な思いに胸が締め付けられる思いを抱きます。
どうか今週も、すべての競走馬が無事に帰ってきますように。
東スポ、やっぱり競馬はガチですわ…こんな物語があるから競馬辞められない
マチカネコイノボリ……。田中厩務員『コイノボリは僕にとっても大切な、大切な、一生忘れられない馬なんです。でもまさか、河内先生もそう思ってくれてたなんて。赤と青のメンコはね、本物のコイノボリを買ってきて、馬具屋さんに特注で作ってもらったものなんですよ』
マチカネコイノボリくん(;_;)
しらんかった(;_;)
こりゃ涙でる記事
しかも河内さんこんないい人やったんや
河内先生は「人気だけじゃなく能力のある馬やった。いずれは重賞でもって思ってた。けど、最後は殺してしまったんや」と、悲しそうに言ったのです。レース中の骨折による‥

じっくりお読みください
 ↓ ↓
マチカネタンホイザのお兄さんなんだな。成績も素晴らしくて、無事なら大舞台へ進んでいたと思うと。
それなりに競馬歴のある関西の競馬ファンならこの馬の
事を覚えている人も結構いるんじゃないのかな。
能力がオープン級だったのは勿論、鯉のぼりのマスクでも人気を集めていたからね。
泣ける。
競馬にはこういう一面もあるのよね。
赤城真理子記者の記事。グッと引き込まれた。

 東スポ
コイノボリという名前から
こどもの日の週にデビュー
したんやね🐴🎏
厩務員さんとコイノボリの
絆に泣きました。
コイノボリ、ほんとに良い子
だったんだね。😭
色んなドラマがあります。。
こういうお話が語り継がれて
いってほしい。🎏
🐎
競馬始めた頃から大好きだったマチカネ一族。でもマチカネコイノボリの事はこの記事読むまで知らなかった。競馬界はこういう悲しい事よく起きちゃうんですよね。泣ける。
何のこの記事は・・・泣いてまうやろ・・・田中厩務員は私の35年来の大切な友達・・・素敵な記事をありがとう!
伊藤雄二厩舎といえばプリクラいっぱい貼られていたヘルメットの田中さんとタンホイザのお兄ちゃんのお話
馬に対して、愛情ないよね?っていう騎手は多いかもしれませんが←レース後のコメントとか、輪乗りとかから想像するだけですが😓
こういう話を聞くと、なんだか心がほわっと温かくなります。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR