小山田圭吾〝いじめ釈明文〟に矛盾点 「友人」の年賀状を勝手に晒し、嘲笑 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

 またも大炎上している。過去の〝いじめ自慢〟が原因で東京五輪・パラリンピックの開会式の楽曲担当を辞任したミュージシャンの小山田圭吾(52)が17日、ソロユニット「コーネリアス」のSNSで改めて一連の騒...

ツイッターのコメント(13)

なんで直ぐにバレるような嘘をつくんやろ?
炎上していた時にも、年賀状のインタビューは取り上げられていたのに。
人がいじめられているのを見て笑うのは人間のクズ。
世の中にはね、「絶望的」に人間性が終わっている人がいるんだよ。

「友人」の年賀状を勝手にさらし、嘲笑
年賀状を雑誌で晒し笑った過去 この人自分のせいで崖から転げ落ちたんでしょ?ハンカチでも振ればまたすぐ助けてもらえると思っている。落ちた理由から考えないと
小山田圭吾のいじめが事実かどうかは知らんけど、とりあえず「メディアならどこまででも人を追い詰めていじめていい」って思ってる感じがして、こういう記事はただただ気持ち悪い。
往生際の悪いクズだな。おとなしく干されてろ。
東スポが矛盾点を記事にしている。
この虐めは嘘で、これは本当。7月に虐めの記事が出た時に何故、小山田さんは直ぐ釈明をしなかったのですか?2ヶ月の間、復帰する為の言い訳、釈明に知恵を絞ったと言う印象に感じます。記者会見で全てお応えください
この人にとって火消しとは「火に油を注ぐ」ことなのか?
保身が過ぎて何も理解できていない模様。


「友人」の年賀状を勝手に晒し、嘲笑
/ 東京スポーツ
年賀状を雑誌で晒し笑った過去...
年賀状を雑誌で晒し笑った過去 性根が腐ってると、どれだけ偽って真直に見せても、歪み捻れて闇に落ちるわな。

傍観者が一番卑怯だし、臆病者だとも思う。
年賀状も見た。お母さんが線をひいて、一生懸命に書かれた文字。それをわざわざ晒して嘲笑していると考えただけで涙が出る。そして今もそれをごまかす小山田圭吾氏。こんな記事も顔も見たくない。
東スポが倫理的に立派な事言っても説得力を欠くが友達の手紙出す程度は普通にやってたのでは? 90年代の倫理や友情はその位建て付けが雑だった記憶。

| 東スポのニュースに関するニュースを掲載
以上
 
PR
PR