ひろゆき氏 小林賢太郎氏の報道に「本来の意図とは全然違う翻訳が出回っている」 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

 実業家のひろゆき氏(44)が22日、自身のユーチューブチャンネルでライブ配信を放送。東京五輪開会式のディレクター職を解任された元お笑いコンビ「ラーメンズ」の小林賢太郎氏(48)の海外での報じられ方に...

ツイッターのコメント(14)

だからこそ、昨日の太田光さんの説明はとっても大事なものなのです。
擁護とか釈明とかじゃなく、説明。
海外勢がホロコーストって単語を聞いたら立場上狂ったように叩かざるを得ないから、それを「忖度」して叩きやすく意訳したのかもね
これマジだったらやだな…
これは珍しく海外有識者のタラコ有能
英訳…。そう訳したらそりゃそうなるな。うーん、ニュアンスが伝わらないし、そうなるよね、って印象。
ダメはダメだけどほんとモヤモヤする。これじゃただの悪人じゃん。
意図と違っても、それが通用するほど世界は甘くはないと。ところで賢太郎といえば某航空評論家の関賢太郎氏はどうしているのやら。
その言い訳が通用するとでも?
仮にそれが「広島・長崎ピカドンごっこ」だったとしたら大多数の日本人が怒り狂った事だろう。
マジでこれ。
>「本来の意図とは全然違う翻訳が出回っている」

前後の文脈無視して「辞書にこう書いてあるから正しいんだ~」とか言ってるような人が「本来の意図」とか言ってるの笑えるな。
>良くないことの例として出したんですよね

国内でもそこまで説明している記事は見ていない。日本人すら知らないのに海外で理解されるわけがない。報道はこういう騒ぎを喜んでいるだけ…
この場合は文脈、意図を重視するのか。何か独自ルールがあるのかな /
| 東スポのニュースに関するニュースを掲載
以上
 
PR
PR