TOP > その他のニュース > 細野豪志議員が“サンモニ”青木理氏の汚染水発言を「風評加害」と批判 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

細野豪志議員が“サンモニ”青木理氏の汚染水発言を「風評加害」と批判 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

13コメント 2021-05-03 15:13  東京スポーツ

 細野豪志衆議院議員(49)が3日、ツイッターでジャーナリスト・青木理氏の汚染水発言を批判した。  青木氏は2日放送のTBS系「サンデーモーニング」で、福島第一原発の処理水海洋放出について「汚染水」と...

ツイッターのコメント(13)

サンモニは打ち切りだね。間違い無く加害側だよ。
処理されてない汚染水であるし、風評ではない。この方益々変に。
細野豪志議員が自身を「風評加害」と説明
ホソノ、コワシ😰…….
もっと国際基準を報道して‼️
アルプスで除去出来ない核種の混じった安全なトリチウム水を愛飲して、生活用水として最低半年間使ってからそう言え!
🔹細野議員はこの発言について「青木理氏の『原発事故をこの国は起こし、10年たっても皆さんご存じの通り、汚染水を放出するという話をしている』という発言は 」と批判。
路駐でチューした議員が何をか言わんや
それでは、処理水とやらを
水道の水源に入れて、毎日飲んでくれますね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR