【東京五輪】「強行はオリンピック精神への裏切り」感染症の世界的権威が開催反対を表明 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

 感染症の世界的権威が新型コロナ禍での東京五輪開催に反対を表明した。  ニュージーランドの大手メディア「スタッフ」は、感染症のスペシャリストとして有名なオタゴ大学のマイケル・ベイカー公衆衛生学教授が東...

ツイッターのコメント(137)

感染症のスペシャリストとして有名なオタゴ大学のマイケル・ベイカー公衆衛生学教授が東京五輪の中止を勧告したと報じた。
ベイカー先生が東京五輪に反対表明した際の日本語記事、Yahooは既に消えているけど、配信した東スポではまだ読める
メディアもそうだけれど、なんで日本の専門家は『反対』を表明しないのだろう?
開催しても感染に影響無いと言う非公開の情報をお持ちなのでしょうか?
オリンピックは元々フェアではない。
メダル獲得数上位10ヶ国で半数以上、アメリカ一国で10%以上のメダル数。
潤沢な資金、恵まれた施設、科学的ノウハウ、コーチ、医療、、、
GDPの高い国が勝つように出来ている。
どこがフェアなんだ。
感染症のスペシャリストとして有名なオタゴ大学のマイケル・ベイカー公衆衛生学教授、世界中から選手や関係者が集まる、新型コロナ禍での開催による危険性を指摘。
「私には正当化すべき理由がまったく分からない。絶対にばかげている」と猛批判。
だよね…。
コロナ禍で強行開催すれば、アンフェアな大会になるのは明らかなのに…それでメダル獲得しても、一生わだかまりが残るのではないでしょうか?🤔
やっぱりワクチン格差はあるよなあ。
東スポが…。 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載
>感染症のスペシャリストとして有名なオタゴ大学のマイケル・ベイカー公衆衛生学教授//国の状況によって五輪への準備に大きな格差ができてしまう //フェアプレー精神はない」と//
 
PR
PR