丸佳浩の不振原因は〝巨食〟か…恵まれた食事環境で「太り過ぎ」の指摘も | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載

 鉄の胃袋も不振の原因のひとつなのか――。巨人の丸佳浩外野手(32)が2019年の移籍後初となる不調による二軍再調整中だ。長嶋茂雄終身名誉監督(85)が直接、指導するなど、背番号8の復調は球団挙げての...

ツイッターのコメント(10)

丸々太った丸(笑)?
そんな中、古巣の広島OBからは「太り過ぎでは」との指摘も…。意外な要因として挙がったのが、巨人の恵まれた食事環境だという。
巨人に行って潰れていくのを見なきゃいけないのかな.....
恵まれた食事環境が「太り過ぎ」招いたか
恵まれた食事環境が「太りすぎ」招いたか
贅沢太りとかスポーツ選手として恥ずかしくないのか?
銭ゲバには何言っても無駄か、

恵まれた食事環境が「太りすぎ」招いたか
#巨人 #丸佳浩 #食欲
> 新天地では食でGナインを圧倒。「寿司をおかずに白飯を食べる」(球団関係者)ほど大食いの岡本和が「丸さんには敵わない」と白旗。試合前にうどん6玉をペロリと食べた姿が目撃されている。
加えて丸は球団栄養士が苦労してブロッコリーを食べさせたほどの野菜嫌い。ようやく野菜を摂取するも、30歳を超えた肉体の代謝は確実に悪くなっている。****
以上
 
PR
PR