TOP > その他のニュース > 西武投壊…20被安打12失点 バッティングセンター状態に辻監督「本当に申し訳ない」 | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載

西武投壊…20被安打12失点 バッティングセンター状態に辻監督「本当に申し訳ない」 | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載

9コメント 2020-09-24 22:46  東京スポーツ

 西武は24日の日本ハム戦(メットライフ)で今季ワーストとなる20安打を浴び2―12の惨敗。このカードの通算成績を6勝12敗とし、借金は再び5となった。  初回と9回以外は毎回失点となる無残な投壊劇だ...

ツイッターのコメント(9)

> 辻監督は「こんな試合になって本当に申し訳ないと思う。出るピッチャー、出るピッチャー抑えられなくて…。これだけ打たれたのは(今年)初めてか、20安打? こんなに簡単に出るのかと思うぐらい打たれた」

 バッティングセンター状態
西武投壊…20被安打12失点 


中村の本拠地200号本塁打も霞む大惨敗。指揮官は「そんな記録どうこうに浸っている場合ではない。こういう試合をしてはいけない」と出てくる言葉は反省と謝罪ばかりだった。
森友哉のリードの問題ではなかった。
柘植のリードでもこの有り様。
コレは西口投手コーチではどうにもならないと思うよ。
今年の西武と広島って似てる気がする
お互い3番打者抜けるのは痛いなやっぱり
なら解雇されてもバッティングピッチャーとして雇われますね(皮肉)
西武の投手はストライクすら入らないんだからバッティングセンターと比べるのは失礼だろ
>出てくる言葉は反省と謝罪ばかりだった。

監督をはじめとした首脳陣のマネジメントも反省していただきたい。
西武は24日の日本ハム戦(メットライフ)で今季ワーストとなる20安打を浴び2―12の惨敗。このカードの通算成績を6勝12敗とし、借金は再び5となった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR