TOP > その他のニュース > ヤクルト バレンティン残留の望みは「六本木」と「監督職」 | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載

ヤクルト バレンティン残留の望みは「六本木」と「監督職」 | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載

 ヤクルトで通算288本塁打をマークしたウラディミール・バレンティン外野手(35)が、12月2日に公示される保留選手名簿から外れることになった。29日までに残留交渉で合意できなかったヤクルトも、わずか…...

ツイッターのコメント(14)

よくこんなクソみたいな記事書けるなー(´^ω^`)
やっぱ俺達の東スポ
あきらめるなといってくれるぜ
バレンティン本人もヤクルトが1番なのはわかっているはず。他球団の話を聞いても交渉は継続すると言っているし。残る可能性もあると思う。
この球団バカなの?優勝する気ねえならとっとと身売りしろや。
すみません
東スポの記事だと分かっているのに…
藁にもすがるとはこの事なんですかね
まだ決まった訳じゃないんだよね
あ、思い出した。「エスコバーが友人」も望みにプラスしなきゃw
大歓迎だよ、ココ。いつまでも待ってる。
まぁ限りなく無理に近い可能性やろなぁ
ヤクルトはバレンティンに監督やらせるでファンは良いの?
一つは助っ人主砲は大の東京好きということ。「六本木、大好き」と話すなど、東京の生活環境の良さを常々口にしていた。それに加えて引退後の生活も無関係ではない。
東スポだから多少はね
金額もそうなんだろうけど、DH 制もありそうだよね。で、それ以外の要素について。
『 バレンティン残留の望みは「六本木」と「監督職」』
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR