TOP > スポーツ > 東京新聞:<2020年 核廃絶の「期限」>五輪パラ期間・前後 第五福竜丸館休館 競技会場すぐそば:政治(TOKYO Web)

東京新聞:<2020年 核廃絶の「期限」>五輪パラ期間・前後 第五福竜丸館休館 競技会場すぐそば:政治(TOKYO Web)

24コメント 2020-02-09 07:26 | 東京新聞キャッシュ

 米国によるビキニ環礁水爆実験で一九五四年に被ばくしたマグロ漁船「第五福竜丸」を保存する東京都立第五福竜丸展示館(江東区)が、東京五輪・パラリンピック期間に合わせて休館する。展示館がある夢の島公園はアーチェリー会場となり、警備で園内の通路が封鎖され、展示館に行くの…...

ツイッターのコメント(24)

あるがままに見てもらえれば、それでいいはずなのに。
理解に苦しむ。
こうしたことに、東京都や日本の姿勢が垣間見えています。
そうしたものを見過ごしてはなりません。
オリンピックやめよう
せっかくの機会なんだから、逆に行きやすくすれば良いのに。→<2020年
レガシーを遺す為の学びの場として、会期中も開館するべきなのでは?
"戦争と平和の問題を考える連続講座を都内で開いている立川市の元高校教員竹内良男さん(71)は「セキュリティーの問題として片付けていいのか。展示館のすぐ近くが競技会場になるからこそ、開館するべきだ」と求める。"
五輪パラ期間・前後
コレ酷いな
アーチェリー会場に隣接した
被ばくマグロ漁船「第五福竜丸」を保存する東京都立第五福竜丸展示館を五輪パラ期間休館するってさ
フザケンナ!だ
「五輪パラ期間・前後  競技会場すぐそば」
核兵器被害の恐ろしさ、核兵器の存在を容認する愚かさを各国から訪れる人々に伝える大切な機会を消すとは全く納得いかない!
安全管理を建前に、展示館を隠し核を推進する力がはたらいたと思わざるを得ない。
これは(も、ですね)酷い。警備上の理由?そんなの理由にならんと思うが。こういう時こそ大勢に見て知ってもらうべき。
普段訪れることの無い人たちに見てもらい、核の恐ろしさや巻き込まれた時の悲惨さを知ってもらう絶好の機会なのに、バカなことをするものだ。
これは何でやねん❗案件だと思う。世界中の人が集まる機会だからこそ核兵器廃絶を訴える絶好の機会だろうに・・・(´・ω・`)
臭いモノに蓋ばかりする安倍政権と利権の仲間たち。恥ずかしい国、日本。
核兵器の悲惨さを伝える
江東区「第五福竜丸記念館」が
オリンピックを口実に隠ぺい!

東京新聞
2020年五輪パラ期間・前後
今朝の東京新聞、これは酷い。世界中の人に第五福竜丸の悲劇を知ってもらう絶好の機会をなんだと思ってるんだ? 1面トップに記事を掲げた東京新聞GJ。
<<日本の立場として逆だろう。>>
安倍の「美しい国」には邪魔な存在なのだろう。
<2020年 

1954年にビキニ環礁水爆実験で被ばくした第五福竜丸を保存する東京都立第五福竜丸展示館(江東区)のある夢の島公園はアーチェリー会場となるため、警備の関係から通路が封鎖されるため―
原子力と核。時に使い方を変え、都合の良いときは平和利用に、都合が悪くなれば見てみぬふりをする。
知ってもらういい機会なのに・・・
オリンピックは平和の祭典でもあるはずで、その期間に休館にしなければならないとは残念です。
こんな機会こそ第五福竜丸をよく見ていただく機会なのに、わざと目をさらしたこの態度、原爆被害の生き証人,公開してほしい
東京五輪・パラリンピックの観戦客らが訪れる絶好の機会に、核兵器による被害の悲惨さを伝えられないことを惜しむ声が上がっています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR