TOP > 社会 > 東京新聞:グアム移転 24年10月にも 沖縄海兵隊 米軍が現地に伝達:国際(TOKYO Web)

東京新聞:グアム移転 24年10月にも 沖縄海兵隊 米軍が現地に伝達:国際(TOKYO Web)

18コメント 2019-05-04 09:21  東京新聞

 【マニラ=共同】日米両政府が合意している在沖縄海兵隊の米領グアムへの移転計画で、米軍が二〇二五米会計年度の前半(二四年十月~二五年三月)に移転を始め、約一年…

ツイッターのコメント(18)

沖縄の海兵隊員約5000人が2026年までにグアムに移動する予定。

米国の海兵隊員は住居手当が月20万とかつくので、彼らの落とすお金を狙って、グアムに不動産を買ってる日本人投資家もいるそうだ。
@Jin46o 早ければ2024年から海兵隊のグアム移転が始まるのよね。
辺野古が完成する前に
@itoshunya 米軍がグアムに移転してもまだ完成しない…
おや?どなたかいらしたようです・・・
2019年5月4日の記事。いろいろ確認のための備忘録としてアップ。最新ニュースではありませんのであしからず。
「米軍筋は、トランプ政権の方針や来年の米大統領選の結果などによって、移転計画の遅延や変更もあり得るとしている。」
@Beriozka1917 @yumidesu_4649 20万円

高い高い!
高い利権ですよー

お仲間の記事くらい載せとけよ
これかな?
@mizuhofukushima 「 米軍が現地に伝達」という記事を読みました。

辺野古の新基地完成まで10年以上かかる見込みですので、米軍にはグアムで対応してもらい、新基地の建設は不要にして、普天間の危険除去もしてほしいです。
こっちの記事がもう少し詳しい

もうキャンプ建設中で、現地の人の雇用など2024年度からの受け入れ準備できてるみたい

移転が遅れたりすると現地も困るレベルまで話が進んでるづらな
米軍筋によると、移転する海兵隊員は約五千人と見込まれ、このうち約千七百人がグアムに常駐し、残りは半年ごとに入れ替わる。※米軍再編計画では在沖縄海兵隊約1.9万人のうち約9千人をグアムなどへ移転
@kantei グアム移転は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の 名護市辺野古移設の 進展状況とは、切り離して 進めることでも 合意している。

つまり、辺野古の進捗に 関係なく、グアム移転は スタートするらしい!

スガの ウソつき!!
おいおい、さん。
は、定員こそ19000人だが、軍縮の最中で、2年前くらいで12500人程度でしたよ?
今なら12000人弱じゃない?
そこから9000人行く訳です。
〈米軍が二〇二五米会計年度の前半(二四年十月~二五年三月)に移転を始め、約一年半かけて完了させる方針を地元議会に伝えていたことが分かった。〉
辺野古新基地はいらない!
米国本土に作ればいいものを、グァムの人々に押し付けて。結局、米国もニッポンも本土には作ろうとしない。理由は地政学ではない
こちらの記事では、在沖海兵隊のグアム移転が2024年にも、と。米軍が地元議会に説明したようだ。
それでも辺野古基地強行か?
より
米軍は切り離して、菅官房長官はリンクしていると。つじつま合わせに日本側から要望しているのではと疑う。辺野古新基地建設も日本柄からの要望との噂、政府は何をしたいのやら?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR