TOP > 社会 > 東京新聞:国分寺除く多摩25市 住民税算定、誤認か:東京(TOKYO Web)

東京新聞:国分寺除く多摩25市 住民税算定、誤認か:東京(TOKYO Web)

12コメント 2018-10-30 08:22  東京新聞

 地方税制の改正で、二〇〇五年度に個人住民税(都民税、市民税)の算定方法が変わって以降、多摩地域の二十六市のうち、国分寺市を除く二十五市が変更内容を誤って解釈…

ツイッターのコメント(12)

相当、前呟き下が、東京新聞記載ないが。昭島も、去年あり、 佐川波 財務省いえず、今後、役所任せの、税務署関係、市民税都民も、信用できず
国分寺市は何故気がつけたのか、逆に気になる。
いやこれ……これはもう……
東京の25市が間違ってたなら、全国的にも8割から9割の団体が間違ってきたのでは… しかし理解されてこその条文なのにそれが読んだ側の間違いと言うべきなのか?
地方税制の改正で課税額が本来より多かったり、少なかったりする事態も生じていた。
課税庁が税の仕組みを理解してないなんて・・・
ほうほう。/
なんだこいつら税金むしるくせに、間違えたら国もしっかり周知してほしいとかなめてんのか
「03年の地方税法改正当時、各市には国や都から変更内容の新旧対照表が届いた。(~中略~)国分寺市だけは、複数の職員で話し合い、改正に沿った解釈をした」との事。大事なことである。
自分のとこは大丈夫という
なんかやたらと住民税高い気がしてたのこのせい?
「国分寺市だけは、複数の職員で話し合い、改正に沿った解釈をしたという」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR