TOP > 社会 > 東京新聞:福島の甲状腺調査、コロナ禍で一部休止 なし崩しの縮小に懸念:特報(TOKYO Web)

東京新聞:福島の甲状腺調査、コロナ禍で一部休止 なし崩しの縮小に懸念:特報(TOKYO Web)

10コメント 2020-05-24 09:23 | 東京新聞キャッシュ

 新型コロナウイルスの影響は東京電力福島第一原発事故の被災地にも及んだ。福島県が行う甲状腺がんの検査も学校を会場とする分が当面休止となった。ここで懸念されるのが、なし崩し的に検査が縮小されないかという点だ。検査を巡っては「不安を与えるだけ」と不利益を強調する声があり、それを追認する国際機関もある。しかし今考えるべきは新たな災禍がある中でも「人災」の被災者をどう支え続けるかという点で...

ツイッターのコメント(10)

健康への懸念がお留守になってて本音を隠そうともしなくなったのな。
人体実験と言うより人柱だね。
検査が必ずしも支えることにはならないぞ.
福島の甲状腺調査、コロナ禍で一部休止 なし崩しの縮小に懸念:5/24 特報 東京新聞
今考えるべきは新たな災禍がある中でも「人災」の被災者をどう支え続けるかという点ではないか。
コロナは原発事故対策を倣い原発事故対策はコロナ対策を倣い、要するに知らぬふりでやったふりが日本モデルか?
新型コロナウイルスの感染拡大で儲ける人達(自分で調べろ!)がいる一方、「アベノゲンパツ事故」の被害は無いことにされていく。ふざけんな!
今日開催の検討委員会で公表されるのは、まだ未公表の12月末時点のデータか、3月末時点の年度末データか?それによっては、一時休止の影響が出てるかも。公式配信されない記者会見動画は観れるのかな?
福島の甲状腺調査、コロナ禍で一部休止 

…検査を巡っては「不安を与えるだけ」と不利益を強調する声があり、それを追認する国際機関もある。しかし今考えるべきは新たな災禍がある中でも「人災」の被災者をどう支え続けるかという点ではないか…
今考えるべきは新たな災禍がある中でも「人災」の被災者をどう支え続けるかという点ではないか。 
【こちらは記事の前文です】
以上
 

いま話題のニュース

PR