TOP > 社会 > 東京新聞:インド出身男性、江戸川区議当選 外国人社会と地域の懸け橋に:統一地方選2019(TOKYO Web)

東京新聞:インド出身男性、江戸川区議当選 外国人社会と地域の懸け橋に:統一地方選2019(TOKYO Web)

16コメント 2019-04-23 12:42  東京新聞

東京新聞TOKYO Webの2019年統一地方選の特集ページです。

ツイッターのコメント(16)

@MoonCake2001 通名での選挙活動など軽蔑します。

インド人の江戸川区議を見倣うべきです。
@xMBiiXpFUl 既に日本に住みたくなったインド人が帰化して日本人になり、子供の学校教育に不満を持ち直ぐに区議会議に…😩
帰化制度も選挙制度も怖すぎます😩
素晴らしい💕 日本🇯🇵を本当に愛し、日本国籍を取得した人なら、大歓迎✨
外国人が増えるってこういう事なんだなー。日本が好きで日本を良くしたいというなら歓迎ですが...
「インドのように、生徒が議論して答えを導くプロセスが大切。教育の質を高めたい」~
いいね!江戸川区にきっと小さい素敵な変化がつづくね。
これ知らんかった。地味にすごいニュースじゃないすか。こういう形でオープンで発展的な社会になればいいな。
これやっぱすごいなあ。
インド出身男性 「よぎ」さん江戸川区議当選 おめでとう!
今知った。江戸川区、やるじゃん!
インド人のエリートには、貧富の差が激しい母国でこそ頑張ってほしい。インドの貧困を無くすため、あなたのようなエリートは日本ではなく、インドで立ち上がるべきだ。
インド出身男性、江戸川区議当選 外国人社会と地域の懸け橋に:統一地方選2019


6,477票で5位当選。
都内でもヘイトスピーチをするデモが行われるこのご時世に、帰化した候補者に投票する有権者がこんなにいたというのは素晴らしいね。
良いと思います
こちらもなかなかの衝撃。
いよいよそうなってきたか!
マクロスでプロトカルチャーを見たゼントラーディーの心境
♪キューンキューン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR