TOP > 政治・経済 > 東京新聞:<新型コロナ>マスクの次は消毒液 政府、医療機関にずさん供給:社会(TOKYO Web)

東京新聞:<新型コロナ>マスクの次は消毒液 政府、医療機関にずさん供給:社会(TOKYO Web)

47コメント 2020-05-24 08:55 | 東京新聞キャッシュ

 新型コロナウイルスの影響で政府が始めた消毒用エタノールの医療機関への優先供給制度で、契約していないのに代金引換で消毒液が届くトラブルが各地で多発している。...

ツイッターのコメント(47)

これな。よくある問題。国など役所関係に提出する価格と、民間の価格とでは違うから生じる。

車の修理→保険を使う時と実費の価格差
建物→公共工事と民間の見積もりの差

ありとあらゆるシーンで見受けられる。

ある程度はしょうがないけどやりすぎはダメ。
<メモ>
政府が始めた消毒用エタノールの医療機関への優先供給制度で契約していないのに代金引換で消毒液が届くトラブルが各地で多発している数倍の価格を請求された例もあり購入を拒否する医療機関も
遅い、高い、薄い
医療崩壊させないと言いながら、こんなことすらマトモに出来ないなら、政権どころか、行政総取っ替えしないと💩
これはちょっと酷くない?読んでてムカついてきたわ
厚労省は特に特に特に酷いけど全省庁で血の入れ替えが必要だな。
こういうことがあったら民間の会社は潰れるはず!
ひるおび!で記事紹介されてたけど、いやこれひどいな。。
本当にこの政権のコロナ対応の酷さがつくづく嫌になる。
「現場からは不良品が相次いだ布マスク配布と同じで、ずさんだという声」・・・加藤勝信 厚生労働大臣、真面目にやれ!

 政府、医療機関にずさん供給-東京新聞
今の政権はなにやってもダメですね。
わざとか?
84000円の代引き!まさに送り付け詐欺、、、
「詐欺じゃないのか」
世田谷区の開業医は思わず配送業者に尋ねた。
約8万4千円の代金引換で消毒用エタノール20㍑が届いたが、注文した覚えはなく、いったん持ち帰ってもらった。
 
国が医療機関に優先供給した消毒液は濃度低くて使えず、返品もできず

使えないものばっかり
東京★
この杜撰さには呆れるわ。官僚的硬直性と無能さ、当事者意識の欠如。末端医療現場の怒気を含んだ戸惑いには同情を禁じ得ないよね。¯\_(⊙︿⊙)_/¯
政府が始めた消毒用エタノールの医療機関への優先供給制度で、契約していないのに代金引換で消毒液が届くトラブルが各地で多発している。普段、使用する消毒液の数倍の価格を請求された例も。
なにやってんだか。( ´Д`)→
この記事は問題点が分かりやすかった
初めての試みはトラブルありがちだけど
こりゃ行き違い発生しやすいわ💦

ただ価格高めは分かるけど
70%以下のアルコールは駄目でしょ…厚労省どうした…

 政府、医療機関にずさん供給:
ほんとにダメダメだな。
凄いねこれ。
アンケートに答えただけで、頼んでないのに厚生省から高額の消毒液が届くとか。しかも低濃度で手術には使えないからこれはいらないって言ったら保健所に返品不可って言われたって。詐欺手伝ってる。

東京新聞:
東京新聞<>
厚生労働省は「急ピッチでやる中で、連絡ミスなどが起きた可能性がある」と認め、現場からは「不良品が相次いだ布マスク配布と同じで、ずさんだ」という声が上がる。
国のする事で上手く行った試しがない。アホやろコイツら

リーダーの資質が、そのまま組織運営に反映されます。杜撰な組織であれば、リーダーが杜撰なんです。
いったいどう言う事!
これだから信用失墜するんだよ。
もしかしてわざと?
厚生労働省は「急ピッチでやる中で、連絡ミスなどが起きた可能性がある」と認め、現場からは「不良品が相次いだ布マスク配布と同じで、ずさんだ」という声が上がる。
いくら忙しいなか急いで仕事しててもミスして余計に手間増やすような仕事してたら意味ないよね
マスク、消毒液、いったい、政府、官公庁は、何をやっているの?

「早急に・・・をする」といつも言うが、実際の対応は、品質は悪く、送付も遅れ。口だけで、行動が伴っていない。
有償でこの対応は酷い
新型コロナウイルスの影響で政府が始めた消毒用エタノールの医療機関への優先供給制度で、契約していないのに代金引換で消毒液が届くトラブルが各地で多発している。
アベノエチル。
新手の詐欺商法に注意❗
厚労省の仕事のレベル低すぎる。むしろ詐欺レベルのやり方でかなり悪質でかえって迷惑掛けている。もっとまともな職員はいないのか。
>現場からは「優先供給という割に一カ月以上もかかった。コロナの影響で一般診療の患者が減り、必要量も減っているのに」という不満の声も聞かれる。
冷静に思い起こせば、役所 役人のすることは大抵身勝手なものなのが 日本の常識 。期待するのも馬鹿。頑張ってる役人は凄く多いが、成果をあげているとは限らない。これが普通。
やることなすこと、どうしてこうなるのか…→→
"新型コロナウイルスの影響で政府が始めた消毒用エタノールの医療機関への優先供給制度で、契約していないのに代金引換で消毒液が届くトラブルが各地で多発している。普段、使用する消毒液の数倍の価格を請求された例もあり、購入を拒否する医療機関も"
「消毒用エタノールの医療機関への優先供給制度で、契約していないのに代金引換で消毒液が届くトラブルが各地で多発」
「現場からは「不良品が相次いだ布マスク配布と同じで、ずさんだ」という声が上がる」
非常時こそ落ち着いた行動が必要だ。それを呼びかけるべき政府がミスを連発。逼迫している医療機関を混乱させるくらいなら手を出すべきではない。
濃度が低く不必要な消毒用アルコールを大量高額代引きで一方的に送付し、キャンセルできませんと伝える政府があるそうな
政府が詐欺まがいのことやってどうすんだ

>五月中旬、約八万四千円の代金引換で消毒用エタノール二十リットルが届いた※四月半ばは五百ミリリットル二百八十円(二十リットル一万一千二百円)
>厚労省がやっていることで、届いたものはキャンセルできないと聞いている
これも、政権悪党どもの利権じゃねーの?、、ヤルコタナスコト、オタンコナスだな、、厚生労働省、、
もう、街では見向きもされないようになってるので、街で買った方が早いよ^_^
安倍泥沼通産内閣の下で、厚労省も劣化の一途を辿るのか。
相手が政府だろうな、消費者センターに通報した方が良いのでは?混乱に乗じた悪徳商法。→
全てが中途半端。誰も責任を取らない。安倍政権の特徴。
>契約していないのに代金引換
今も商品は選べず、返品せずに泣き寝入りしている医療機関も。アルコール濃度が低いという苦情も
必要量調査がいつの間にか発注書に、しかも製造元や商品名、価格、配布時期が示されていないというずさんなもの。不良品が相次いだ布マスク配布と同様、政府のずさんな対応に医療機関の怒り当然である。  #マスクの次は消毒薬
以上
 

いま話題のニュース

PR