TOP > 社会 > 東京新聞:<コロナ 医療を守ろう>「看護師の自分は捨て駒」 集団感染の都内病院、切迫:社会(TOKYO Web)

東京新聞:<コロナ 医療を守ろう>「看護師の自分は捨て駒」 集団感染の都内病院、切迫:社会(TOKYO Web)

21コメント 2020-05-11 08:29 | 東京新聞キャッシュ

 新型コロナウイルスの集団感染が起きた、東京都内の総合病院に勤務する女性看護師が、医療物資の不足が切実な現場の状況を語った。...

ツイッターのコメント(21)

危険手当日額340円で働く看護師をすべての国会議員が給料を返上して彼らの不満をやわらいで欲しい気分。
ダイヤモンドプリンセスのときに
関わった厚労省の人には
日額4000円…。
マジか…。
結局、
お役人はたくさんお金貰えるのね。
これはどうなったんだろう。
危険手当てが充分付いて、罹患時の労災が現実的に認められているんだろうか。

 集団感染の都内病院、切迫
命懸けで感染症患者に対応する都立病院の看護師の危険手当は一日340円。😱
ダイアモンドプリンセス号の対応に当たった厚生労働省の職員の手当は一日4000円。😩
都立病院独法化目指す東京都の姿勢がここにも⁉️😢😡
東京都によると都立病院で感染者の対応にあたった看護師には「防疫等業務手当」として日額三百四十円を支給。都総務局の担当者は「対象や手当の拡充を検討している」と話す。
東京は一番感染者多いのにひどい
見直しして遡って支給すべき


流行らないかな?!
今都庁の都民の声係に「都立病院の看護師の危険手当は日額340円だそうだ」「看護師は命がけでコロナ患者に接している」「医師より患者と接する時間が長くヘルパーも兼ねている」「DD 号の厚労省職員の危険手当4千円くらいまで増額し宿泊費も支給してもらいたい」と伝えた
症状のない患者の陽性が発覚し、院内感染が判明。報道されると、転院が決まっていた患者は受け入れ先から拒まれ、退院予定の患者は退院後の介護サービスが受けられなくなり、延期に。

院内感染は医療崩壊を招きます。

新規入院や、手術予定者等への 実施を!
新型コロナウイルスの集団感染が起きた、東京都内の総合病院に勤務する女性看護師が、医療物資の不足が切実な現場の状況を語りました。ごみ袋を防護服の上から着用しており、患者に接する看護師の心身の疲労は日増しに大きくなっています。

 東京新聞 より
新聞用かもしれないけど…そんなふうに思わせてるのは辛い…。
だからちゃんとPPEやろうって言ってるんだけど…。もう戦わない。
今日はナイチンゲール生誕200周年の日「犠牲なき献身こそ真の奉仕」国は医療・介護等の現場の人間を全力で護れ
>微々たる手当で『自分たちは捨て駒だ』
厚労省の人はそんなに手当てもらってたんだー
看護師減るよ❗️みんな家族もいるなかがんばってくださって、何百円の手当てって…
ごみ袋を防護服の上から着用しており、患者に接する看護師の心身の疲労は日増しに大きくなっている。この緊急時、安倍内閣は検察官の定年延長より医療支援だ。
危険手当てが、1日数百円って。。。
なんとか出来ないんでしょうか。。
厚労省職員は最大四千円、看護師は四百円足らず?現場でリスクと隣り合わせで常に働いているのは看護師なんだけど?メンタル面で、すでに医療崩壊が起こっている。
あんなにあちこちから寄付あるのに行き届いて無いって事?
最前線で治療にあたる看護師さんが「自分は捨て駒」と思うような環境は放っておけない
防護服はごみ袋、危険手当て数百円…。看護師の自分は捨てゴマか
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR