東京新聞:あのスピーチ、空気を読んでいたんですか? 女性差別と闘う上野千鶴子・東大名誉教授 <空気は、読まない。>4:社会(TOKYO Web)

13コメント 2020-04-16 08:11 東京新聞

 自分が信じる道を突き進む人たちにインタビューする連載<空気は、読まない。>第4回は、日本のジェンダー研究の第一人者、上野千鶴子さん。

ツイッターのコメント(13)

良いインタビュー。
疑問は、有料の東京新聞の紙面には抜粋版で、ロングバージョンは誰でも読めるWebっていうのが...
めっちゃストンと腑に落ちた記事だなって思った。
是非読んで欲しい
これはずしんと来る。
でも、こんな社会にしてごめんってのは、私らの世代から変えていけたらいいな。

<空気は、読まない〉社会(TOKYO Web)
この記事とともに、昨年の東大入学式での上野さんの祝辞抜粋が載っていた。
改めて読んでけど、その言葉の重みは全く変わらない。
「働き方改革をサボった20年」「現場当事者に自己決定権を」このアタリマエを当たり前にしたい❗
東京新聞、いい記事出しますね。素晴らしいです。/あのスピーチ、空気を読んでいたんですか?
@shuonouhs @tokyonewsroom 横から失礼します。こちらで読めます。
インタビューの全文は東京新聞の公式HP「TOKYO WEB」でご覧いただけます。
あのスピーチ、空気を読んでいたんですか? <空気は、読まない。> 「私のところにいらしたのは、私が『空気を読まない』女だと思われたからですか? 社会運動をやるには、空気を読むのが当然です」
「空気は読む。だが抗う」とね。

あのスピーチ、空気を読んでいたんですか?  <空気は、読まない。>
一年前の東大入学式のスピーチも「忖度」だらけ。何で私のところに(祝辞の依頼が)来たんだろうと考えました。Metooと東京医科大不正入試問題があったからこそ、私に来たんだろうということぐらいは分かります。それと、東大には女子学生二割問題がずっとある

全然理解不能
新型コロナで「入学式」が中止された大学が多いですね。1年前の東大入学式で、差別について新入生に問いかけた さんが、今年は本紙で語っています。
以上
 
PR
PR