TOP > 社会 > 東京新聞:下船女性が感染、肺炎に 栃木県発表 クルーズ船、公共交通で帰宅:社会(TOKYO Web)

東京新聞:下船女性が感染、肺炎に 栃木県発表 クルーズ船、公共交通で帰宅:社会(TOKYO Web)

28コメント 登録日時:2020-02-23 08:44 | 東京新聞キャッシュ

 栃木県は二十二日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した県在住の六十代の無職女性一人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。...

ツイッターのコメント(28)

新型コロナウィルスの簡易検査って、

感度は高いけど、特異度は低いのかなぁ⁉︎

それとも、両方とも100%であるわけないので、誤差範囲の中を掻い潜っただけなのか…
潜伏期間を過ぎたとして、政府が「安全性」にお墨付きを与えたクルーズ船の下船者から初めてウイルスが検出され、政府説明の信ぴょう性は崩れた。
1面トップ

記者「船内で事務作業などをした厚労省職員新型コロナウイルスを巡る日本の対応は、どこまでずさんなのか。国内外から向けられつつある疑念を晴らすのは簡単でない」
クルーズ船で陰性とされ、下船した乗客の感染が確認されたのは初めて。◆「陰性とされ」た後に感染した可能性も十分考えられるんだから、別に何の不思議もないでしょ。◆だから、外国は下船から14日間の健康観察期間を設けてる。そうしないのは、ガバガバの日本だけ。
〉他国の多くは下船日を起算日とし、陸上の施設で十四日間隔離する措置を取っている。

これが普通の処置だと思う。
そのまま帰宅させるとは、、、感染を抑止する気がないとしか思えない。

☞ クルーズ船、公共交通で帰宅…
厚生労働省は「…五日以降に感染が広がったとは考えにくい」と強調…だが、栃木県の女性が潜伏期間を過ぎてから発症…日本政府は船内隔離後の感染の可能性を頑なに否定…公共交通機関で帰らせた 東京
潜伏期間を過ぎてから発症。船内の感染防止措置が機能せず感染が広がっていた可能性がある。他国の多くは14日間隔離する措置を取ったが、日本政府は船内隔離後の感染を頑なに否定。
今の厚生労働大臣は状況が収束すれば政府としては罷免一択だし、ご当人も辞めざるを得ないだろうから置いといて、今どうすればいいのかが問題。
感染者、千葉や都内にも出て、栃木にも出て、うわっ。。茨城挟まれとるやんw
信憑性のない記事と記者ばかりの新聞屋改め扇動屋が何言っても信用されませんけど?文句あんなら米英に言ってこいよ。

“潜伏期間を過ぎたとして、政府が「安全性」にお墨付きを与えたクルーズ船の下船者から初めてウイルスが検出され、政府説明の信ぴょう性は崩れた。”
最低 政府と厚労省がコロナ拡散の後押ししとる
あちゃ〜。
公共交通機関で帰宅したとあるけど多分大丈夫。
今やスーツケース持った人には誰も近寄らないから。
下船女性が感染     栃木県は二十二日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した県在住の六十代の無職女性一人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。女性は肺炎を発症している。クルーズ船で陰性とされ、下船した乗客の感染が確認されたのは初めて。
素人の国民が見ても支離滅裂な対応が招いた当然の結果。下船前の陰性確定3日後に発熱で搬送されたり、無症状感染者からの感染拡散を知りながらこの対応。使われた公共交通機関同乗者、送迎、買い物、全て感染の危険性がある。わざと拡散させているのか?と言いたくなる対応だ
完全に隔離できない船舶内で感染が広がりないと本当に厚労相ならびに御用聞き委員会は思ったのかな?!
安倍政権の失態以外の何者でもないと思うが。
ダイヤモンドプリンセス号から下船し、公共交通機関で帰宅した栃木県の女性が新型コロナを発症

せっかく感染拡大しない様にクルーズ船で待機させてたのに、ちゃんとした隔離施設に収容せずに帰宅させちゃうから…

何の為の船内待機だったのか🤔

ここからまた広がりそう
権力者の面子を守ろうとして必要な措置取らず、感染拡大へと突き進んでいる。
何故、念には念を入れた対応をしないのか?
今の政府は能無しのバカなのか、
新型コロナウイルスを巡る日本の対応は、どこまでずさんなのか。
日本政府は船内隔離後の感染の可能性を頑なに否定。感染防止措置は有効だったとして、公共交通機関で帰らせた。
- 東京新聞 厚労省の仮説が否定されたという事ですね・・・
潜伏期間を過ぎたとして、政府が「安全性」にお墨付きを与えたクルーズ船の下船者から初めてウイルスが検出され、政府説明の信ぴょう性は崩れた。
厚労省の感染防止対策は全く不十分ですね。症状が出なく陰性でもあとで症状が出て陽性になっている人がいるのだから、下船後自宅待機は感染拡大に繋がりますね。
クルーズ船、公共交通で帰宅: 政府「安全」説明崩れる。他国の多くは下船日を起算日とし、陸上の施設で十四日間隔離する措置を取っている。だが、日本政府は船内隔離後の感染の可能性を頑なに否定。公共交通機関で帰らせた。
検査して陰性でも
こうなる。
ウィルスを拡散してしまった。
全員の行動経路の把握
発表が必要だ!
日本政府「船内隔離後の感染の可能性を頑なに否定。感染防止措置は有効だった」と。
虚言・隠蔽体質の政府は怖いわ。
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で陰性とされ、下船した乗客の感染が初めて確認されました。
以上

記事本文: 東京新聞:下船女性が感染、肺炎に 栃木県発表 クルーズ船、公共交通で帰宅:社会(TOKYO Web)

いま話題の記事