TOP > 社会 > 東京新聞:下着の色・男女別の髪形指定… ?な校則一斉廃止 世田谷区立中、来年度:社会(TOKYO Web)

東京新聞:下着の色・男女別の髪形指定… ?な校則一斉廃止 世田谷区立中、来年度:社会(TOKYO Web)

63コメント 2019-11-28 08:13  東京新聞

 下着は白色に限り、髪は男子が襟にかからないように、女子は長髪を束ねること−。不合理で理不尽とも思えるような事細かな校則に「そこまで定める必要があるのか」とい…

ツイッターのコメント(63)

社畜の養成機構崩壊か
うちの出身中学校の校則もご覧の通りであり教師ももれなくゴミばっかりだった。卒業してだいぶ経った後にホームページが開設されていたので見てみたら画像の素材として使われてた女の子の絵は校則とは異なる自由な髪型してた。
島にこの波が届くんはいつやろ…並ばされ下着チェックとか😢
Discover(Google)から

気づくのが遅い、今まで何してたんだ
これが学校社会の潮流となるべき。
主体的生徒による発案と決定なら文句は無い!
しかし、
相変わらずの
上意下達支配主義にヨルモnなら、

「アホ」

でしか無い!

主体的、対話的で深い学び

無理解だかだ
ネクタイ👔の着用も、このご時世では違和感あるな。大人もしてないよ。
世田谷区の取り組み!
校則の一部は、かつての教師がやりやすくするために決めたことも多数。

 世田谷区立中学
(1)人権にかかわる(2)合理的理由がない(3)発達障害があったり、外国から来たりという特性がある子には守るのが難しい。

「特性がある子」……。何その「特性」って。その子、その人にはそれが当たり前で自然な姿。障害、人種についてかなりヤバい文になってる。
あの頃中学生だった私も老後を考えるお年ごろ、いくらなんでも遅すぎる。無能すぎる
Xジェンダーの当事者で中学時代、前髪は眉上、耳が見えるようにしないといけないという「男性」の髪型規定を強いられ苦しんだ人がいる。校則は子どもの「管理」のためにあってはならないと思う。世田谷区立中学が一斉に下着や男女別の髪形規定等をなくす決定。広がってほしい
これはそらくんとちゅうやくん勝利の流れ。
ブラック校則、あったなあ・・・。小学校のときは、なぜか冬の長ズボンは禁止だったし。今回の世田谷区の行政判断は素晴らしい。文科省としても、ブラック校則問題には切り込んでほしいね
よいことです。

ただ子どもに聞いたところ、変な校則に関しては違反しても教師も何も言わない、とのこと。
教師次第でどうにでもなるようです。
やっと気づいたか。学校で学ぶ事とは全く関係ない憲法で保障されてる幸福追求権及び表現の自由を阻害してる憲法違反の法的拘束力ない校則を強制的に押し付けてきてた事を。いいことは広がって欲しい
下着ってパンツの色じゃなくてワイシャツの下?これはベージュとか白の無地以外ダメってしておいていいと思うけど。あるいは、ワイシャツの下は着るな。>>>
百害あって一利なし
学校が全体主義を率先してたからネェ...。
この動き、広がってるようだけど、まだあちこちでツマラン校則は残ってるんだろうね
U・ω・U
素晴らしい!素晴らしい!!
他の自治体も続いて欲しい!
子どもたちが、政治(ここでは世田谷区議と区議会)が自分たちの日々の暮らしをどう変えうるのかを学べるめちゃわかりやすい好例!全国的にブラック校則を変える一石になりますように。
私はこれで実質的な学校の中身が変わるとは期待できません。むしろ憂慮します。明文化されないローカルルールが発達して、空気を読んで従うことが求められるようになる
中学入る時、校則のプリント見て、一言「ダサ。古っ。」と言い放ち、つい先日も靴下のことで生徒指導の先生と一戦交えてきた娘。母も中学の頃は、よく生徒指導の先生に追いかけられた。笑
時代も変わりますね。
校則も民主的な手続きで決めたならいいけど、昔からあった慣習や当時の管理職の好みで決めたのに従わするのは領主制度の模倣でしかない。脳ミソ中世な校則は全部廃止でいいと思う。教育に民主主義を。
俺中学校の時はズボンのタックが禁止されてたなーワンタックのボンタンはいていってそれすげーデブな先生にムッチャつねられた思い出が、、、
東京都世田谷区の区立中学校が一斉に、校則における下着指定や男女別の髪形規定などをなくすことを決めたらしい。これは素晴らしい!地方議会と教育委員会のリーダーシップがあればブラック校則を一気に変えられる前例が出来たわけだ。さぁ次に続くのはどの自治体ですか!?
「そこまで定める必要があるのか」ではなく、そこまで定める権限がどこにあるのかと私は思いますが。
他の生徒の権利侵害になるような行為への制限、また学校の施設管理上必要な規則(敷地がないので自転車通学は原則不可など)といったもの以外は、校則の必要性は薄いのでは?学校の思考力と行動力が試されているのかも。
うれしいニュースですね。
画期的じゃないですか♪
僕の中学時代も守らされた懐かしい校則(苦笑い)
そうだそうだ。合理性皆無なものはやめろー。≫
相変わらず少年院刑務所のような強制しつけや学則のための学校生活が大好きな日本。結局、社会に出たら画一で上の命令を個性なく聞くだけの柔軟なロボット人間を今後も育てていく、世界に稀なる従順で均一な人格育成とか。
大網中学も自転車の形、制服襟のプラスチックカラー、靴下は白、靴下はワンポイントまで、髪型、髪の長さ、ズボンのタッグ、余計なお世話、保護者の負担増。
下着は白色に限り、髪は男子が襟にかからないように、女子は長髪を束ねること-。不合理で理不尽とも思えるような事細かな校則に「そこまで定める必要があるのか」といった疑問の声が出ていることを受け
「各校の校則をホームページで公開してもらいあわせて内容を点検した」。加えておかしな校則を区全体で一斉に廃止というのが大きい。
●東京都世田谷区では,下着や男女別の髪型規定など不合理で理不尽とも思われるような事細かな校則に対して,2020年度からすべての区立中学校で一斉に無くすことを決めたそうです。
きたねー、いい流れ。麹町中学校の影響かなー
すごいね。
ワックスやヘアスプレーで固めてサイヤ人ヘアにしたら大丈夫!校則違反では無いwww
意味のない規則というものは、「理不尽なことにも黙って従う耐性」を養うためのもの以外のなにものでもない。その成果が「ホチキス外すのにひと月かかった」と平然と言い放てる人たちだ。世田谷区の取組みに拍手を送りたい。
そういや
俺が通ってた中学は
寝る前に腕立て伏せを30回以上やることなんていう謎校則があったぞ。

しかし、下着の色を決めるって違反してるか先生がチェックするのかよ
桃野区議、ブラボー!!
---
東京都世田谷区の区立中学校が一斉に、下着や男女別の髪形規定などをなくす。世田谷区教委教育指導課「校則には子どもの主体性や自立性を養う意味があり、それに照らし必要性と妥当性を見直してもらった。校則は各学校で決めるのが原則で、区全体で変わるのは珍しいのでは」。
来年からなくする?こんなブラックな校則があるのも守るのもおかしい。下着の色まで規制してたとえ同性の教師であれチェックするなど万が一あれば人権侵害行為です。こんな理不尽な校則に従っているうちに権力に物言わない人民になってしまった😹
これは良いことなのではないでしょうか。こういう意味のない校則は早くなくすべきです。
世田谷区でいまだにそんな校則があったことが不思議。なくすのは当然。
校則見直し遅すぎるくらい!
軍隊じゃないんだから個性を尊重していこうよ
うちの子はハーフで髪がかなり明るい色だけど地毛証明書を学校に出してます😅
下着に関しては【透けない】にしたらいいと思う。いつの世にもいる傾奇者はワザと派手な下着着けて ソレをオシャレにする。
そして時にソレでセクハラと叫ぶ。
ルールは、少なければ少ないほどいい。ルールのない中でも、自己を律する意識をもつかどうかは、それこそ個性だ。ルールだらけの中で、個性は育たない。
誰が何を着ようと自由。これ原則。しかしファッションリーダーはアッキー。彼女は上流も上流。上流は決めごとをつくる側。昔は天皇や役人の階級によって着れる服の色も決まっていた。庶民も。誰かが誰かの服の色や髪型を決める‥支配して当たり前だと思ってる。
いい動き。今、全国で加速度的に、進んでいる。→
やっと。こうして制服や髪型等の理不尽な強制が早く日本の学校からなくなるといいですね。
いいじゃんいいじゃん。そもそも憲法で認めていることを校則で禁じていたことがありえない事。
注目したい。「ルールを守れ!」と上から押し付けるのではなく、「なぜルールが必要なのか」を議論し、生徒がルールを決定する全過程に参画できるようになることが大切。
遅すぎるでしょ…未だに髪型とかスカート丈とか下着の色とかそんなことまで縛る校則ってなんなの?ルールを守らせることを学ばせたいならまずは教員どもがその校則を守ってお手本見せてよ。まあ国の法律にすら守れない人々には到底無理だろうけどね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR