TOP > 社会 > 東京新聞:<つなぐ 戦後74年>性接待 満州で1度死んだ 女性、遺族ら 歴史伝える決意:社会(TOKYO Web)

東京新聞:<つなぐ 戦後74年>性接待 満州で1度死んだ 女性、遺族ら 歴史伝える決意:社会(TOKYO Web)

129コメント 登録日時:2019-08-14 08:31 | 東京新聞キャッシュ

 敗戦直後の旧満州(中国東北部)で、岐阜県の黒川村(現白川町)周辺から渡った黒川開拓団の女性が、団幹部の指示でソ連兵に性的な「接待」をさせられた。...

ツイッターのコメント(129)

この告白はものすごい勇気がいったでしょう
こういうこともあったそうだよと言えるように胸に刻んでおこう
@Lavender_Daze @horry_a こんにちは。この方ですね。

実名で証言したというのはすごいと思います。
“「私は満州で一度死んだようなもの」と話す佐藤ハルエさん。帰国後、故郷の人たちから冷たい言葉を投げつけられ、境遇に同情してくれた夫とはひるがの高原で暮らした” / “ 歴史伝える決意:社会(TO…”
このことに対して一切触れようとせず、目を閉ざし、耳を塞いでいる右でも左でもない「普通の日本人」の言論人は信用出来ない。
小林よしのりとか。
「団の男たちは侵攻してきたソ連軍に警護を頼み、代償に未婚の若い女性を差し出した。
 「怖くても嫌とは言えなかった。女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた」。性の接待は二カ月ほど続いたという。」
「(夫がいる)奥さんには頼めん…。あんたら娘だけ、犠牲になってくれんかと言われた。団の幹部にですよ」「怖くても嫌とは言えなかった。女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた」
モーパッサン『脂肪の塊』。>
戦争は地獄
昨夜の報道ステーションで見ていろいろなことを考えて眠れなくなってしまった。
その事実もさることながら引き揚げ後の身内や集落の人からの誹謗中傷はどれほどのことだったか。
開拓団の話は辛い(この点に関しては我が家では意見が分かれる)
「(夫がいる)奥さんには頼めん…。あんたら娘だけ、犠牲になってくれんかと言われた。団の幹部にですよ」
満蒙開拓団の女性が、団幹部の指示でソ連兵に性的な「接待」をさせられた。 接待をさせられた女性15人のうち4人が性病などで現地で亡くなっている。
帰国後、故郷の人から冷たい言葉を
戦後の満州での、ソ連兵への性接待の強制の史実。
特殊慰安施設協会(RAA)、日本軍「慰安婦」もそうですが、日本帝国や日本のマジョリティは女性に犠牲を強いる卑劣さで、その権勢や沽券、安寧を守ってきました。
@dark_rep @kozohys2002 満州でもこんなことがありました。
「黒川開拓団」女性たちの告白
18歳以上の未婚の女性がロシア兵将校への性接待として差し出された。
何より酷いのは満州から帰国出来た後の話「一緒に帰国した村の人たちから蔑まれ、この件はタブー視されることとなった」と94歳の佐藤さん
ふと「ヤマタノオロチ」の話を連想した。
もしかして、ヤマタノオロチって里を襲撃する山賊か何かだったんじゃないのかな、と。
決して繰り返さない!
報道ステーションで見て、辛くて泣けてきた。従軍慰安婦も然りだけど、女って何なん…
言葉を失う。
ソ連てのはとんでもない奴らだな。
戦争による被害は軍隊だけじゃない。民間人の若い女性まで戦争のために被害を受けている。戦争の悲惨さを語り継ぎ、二度と戦争を起こさないために、目を背けずに知ってほしい。
 歴史伝える決意社会(TOKYO Web)
そして、今年、同じ件について他の方がお話なさった記事。ほぼ同じことを仰っています。
「 歴史伝える決意」
接待をさせられた女性十五人のうち四人が性病などで現地で亡くなっている。今、存命者の中で、佐藤さんだけが実名で取材などに応じる。
よくぞ語ってくれました。日本人でもこういう被害にあった人がいるわけで、女性の人権という観点で、従軍慰安婦の問題とともに語り継いでいくべきではないかと思う。
そしてその略奪を行っていた現地人と、警護の代償に理不尽な要求をしたソ連兵なわけだな
終戦記念日に思う、先の戦争の反省:国際政治編
1.勝てば官軍負ければ賊軍
2.アメリカと戦争するとか自殺行為
3.ソ連を信用するのはバカ
〈団の男たちは侵攻してきたソ連軍に警護を頼み代償に未婚の若い女性を差し出した。「怖くても嫌とは言えなかった。女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた」。性の接待は二カ月ほど続いた〉東京新聞:戦後74年
隠蔽せず
反省して
記録を残す
さらに
検証すべし
性接待、略奪、違法占領、強制就労、ロシアも日本とやったこと変わらんわ。
このかたが傷つかないよう周囲の人々は守ってあげて欲しい
人は追い詰められるといとも簡単に外道に堕ちる。過去を省みることの大切さを噛み締めよう。
慰安婦を売春婦だと言う人達は、この人たちにも『同意したんでしょ』と言うのかな…
それは、悲しすぎるよ…

 歴史伝える決意:
戦争は人間を狂気に変え、個人の尊厳を徹底的に破壊する事例の一つか?


満豪開拓団が団員の未婚女性に<ソ連兵に性的な「接待」>を要請、実態は強制
「怖くても嫌とは言えなかった。女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた」。
日本人従軍慰安婦 実名告発「あんたら娘だけ、犠牲になってくれんか」

私見:勇気ある告発に感謝@tim1134
こういうのはまだ、語り告げられるだろう。ネトウヨどもの標的にならないからな・・・。応援ツイート。----
日本人が日本人にしたこと。何が「英霊」だ!
若い娘をロシア兵に差し出すということも、かつての戦争を知る上でとても大事なこと。
このような悲劇は、起こさない。
壮絶な人生を生きた方の話を伝えていかないと。
普通に慰安婦はあったに決まってる。
誰のために告白してるかだ。
ギリギリの選択だったと推測しますし、理解もしますけど、問題は、その後のケアがあったのか、ということですよ(たぶんなかった)↓

「団の男たちは侵攻してきたソ連軍に警護を頼み、代償に未婚の若い女性を差し出した」
“団の男たちは侵攻してきたソ連軍に警護を頼み、代償に未婚の若い女性を差し出した。” 戦争は様々な形で犠牲を生んだ…もう二度と繰り返してはいけない。黙祷。 / “ Web)”
【長野県阿智村にできた満蒙開拓平和記念館】ここ、怨嗟と後悔で絶叫する施設だった。語り継ごうという猛烈な意思が感じられて。たまらん。
去年か一昨年にNHKかで特番があった記憶がある。
ソ連軍兵士への性接待を強要され、無事帰還したのちも差別に合うというやりきれない話…。
このような証言を「裏付けとなる証拠がない」と撥ね付ける人々もいる。他者の心情をおもんぱかるこのとできない心寂しい人なのだろう。
「当時二十歳だった佐藤ハルエさん(94)。「怖くても嫌とは言えなかった。女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた」」
敗戦直後の旧満州(中国東北部)で、岐阜県の黒川村(現白川町)周辺から渡った黒川開拓団の女性が、団幹部の指示でソ連兵に性的な「接待」をさせられた。
私は、こうしたことを記憶し、被害者の痛みを忘れず、二度と繰り返さないために、少女像が必要なのではないかと思うのだけどね。
なかったことにしてはいけないことだと思う。こうやって語ってくれる方のためにも。
戦争は嫌だね

団の男たちは侵攻してきたソ連軍に警護を頼み、代償に未婚の若い女性を差し出した
知らなかった。「習ってない」じゃ済まないことだけど、今日みたいな日こそ知っていきたい。
戦争中の女性が受けた性被害は、日本人もです。
満州で日本側が治安が保てなくなった時に、ソ連兵に日本人集落を守ってもらうため犠牲になってくれと日本人団長から言われて、そうするしかなかったそうです。
勇気を出して語ったお話、語り継いでいかないとならないですね。
貴重なお話。
こういった話にケチやアヤ付けるのは我慢ならない。
だったら他国はどうなんだ? も。
大きすぎる代償

誰かを犠牲にして
その犠牲を払った人たちに
国はなにかしてあげたの?
断ることなど許されない

女は体を提供しなければならなかったの

その代償は???
記事読めるようになってた
「敗戦直後の旧満州で…黒川開拓団の女性が、団幹部の指示でソ連兵に性的な『接待』をさせられた。…口を閉ざしてきた女性や遺族らは近年『悲劇を語り継がねば』と、行動を続けている」
歴史伝える決意|東京新聞〈「怖くても嫌とは言えなかった。女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた」。性の接待は二カ月ほど続いたという。〉
若い娘の人柱は昔話ではなく 近代にもあるのだけど、なぜか差し出された本人達が責められるから証言できないまま 亡くなっていく。
どうして酷い目にあってかわいそうだと思えないのか訳がわからない
NHKのドキュメンタリーで見て衝撃を受けた話だけど、この人たちの身に起こったことも、立場を変えて言葉を読みかえれば「強制ではなかった」「自主的に行った」ことにされるだろう。
こういう発想は軍だけでなく日本人全体にあったし、いまも引きずっている人たちがいる
敗戦直後の旧満州で日本の開拓団の女性がソ連兵に性的な「接待」をさせられた。「あんたら娘だけ、犠牲になってくれんか」当時二十歳だった佐藤ハルエさんが自身の体験を公に語り始めた。接待をさせられた女性十五人のうち四人が性病などで現地で亡くなっている。
📍 戦争がもたらすおぞましき真実に、目を背けてはなりませんね -_-
戦争が起こると様々な形で性の搾取が行われる。どんな人であろうと頭のタガが外れ人を傷つける事殺す事を厭わなくなる戦争は決して起こしてはならないと思う敗戦記念日。
誰にもこんな思いをさせちゃいけない。
戦争は悲しみや苦しみしか生まない。
我が子を特攻隊や性接待に送り出せますか?
戦争は絶対いけない。
74年前に終結を迎えた戦乱とつづく戦後の日々にて亡くなられた方々に哀悼の祈りを捧げます。また、傷つき苦しみを受けながら生きた方々にも衷心よりお見舞い申し上げます。

庭隅のさびしバケツや敗戦忌 涼太
ネトウヨは、戦争の証人が生存されている場合はなーんも言えない

でも、そう言う方々がお亡くなりになると、途端にデタラメを広める
>敗戦直後の旧満州で、岐阜県の黒川村周辺から渡った黒川開拓団の女性が、団幹部の指示でソ連兵に性的な「接待」をさせられた。今月一日には地元から遺族会が中国の同団跡地へ墓参。中傷や差別を恐れ、口を閉ざしてきた女性や遺族らは近年「悲劇を語り継がねば」と、
短い記事だが重い|
直接的な国家責任を問いえないかもしれないが、ソ連の対日参戦を招いた戦争指導全体と、関東軍司令部の無責任な態度については、深く思うところがある。
戦争を題材にしたドラマだと何故か都合よく女性の中に売春を生業としている女性がいて代表して行ってくれた。
実際は若い女性が犠牲になった。
韓国よりこういう人に補償せんと。
当時の日本が女性を何とも思ってなかったことがよく分かる。右翼も怒れよ→ 女性、遺族ら歴史伝える決意(東京新聞):吉林省に入植した開拓団の男たちは侵攻してきたソ連軍に警護を頼み、代償に未婚の若い女性を差し出した。
"今、存命者の中で、佐藤さんだけが実名で取材などに応じる。「満州で一度死んだ。どう思われたっていい」と前を向く。"
" 接待をさせられた女性十五人のうち四人が性病などで現地で亡くなっている。今、存命者の中で、佐藤さんだけが実名で取材などに応じる。「満州で一度死んだ。どう思われたっていい」と前を向く。"

つなぐ 戦後74年
〈団の男たちは侵攻してきたソ連軍に警護を頼み、代償に未婚の若い女性を差し出した〉。
これに〈日本の男、本当に最低だな〉とコメントするアカウントの人、じゃあ警護の代償として女性の性奉仕を受けたソ連の男性兵士はなんだと思っているのかね。自然現象かなんか?
吐き気がする。
これでも日本政府は性接待の過去をなかったものに出来るのか?
戦争下では目を覆いたくなるような事が行われていました。

⚠️
「吉林省陶頼昭に入植した黒川開拓団は一九四五年八月の敗戦で現地住民らからの略奪に遭った。団の男たちは侵攻してきたソ連軍に警護を頼み、代償に未婚の若い女性を差し出した」/
このあたりに近い話として、大陸でソ連兵や中国人、朝鮮人らに強姦され、妊娠しながら引き揚げてきた女性たちの堕胎手術(違法)や性病治療を福岡で行っている
従軍慰安婦問題と直接繋がる話であり、どちらも女性を性欲処理の道具として利用する差別が根底にある。そして今も、従軍慰安婦問題を「売春」として無罪化しようとする言説に、この「根底」が何も解決されてないことが表れてる。
前にも書いたが、父は引き揚げ船の船医だった。あるとき、出航当初からいろいろ父を手伝ってくれた女性がいた。
この少女だった方々の犠牲のおかげで生き延びられて、繋がれた生命があるということですね。
「重くデリケートな問題だが、自分たちが伝えていかないといけない。使命感を覚えた」。岐阜大学で学ぶ方のこの言葉に希望も持てた記事でした。

(8/14 東京新聞)
体験されたことを思うと想像絶する。
語り継いでもらえるとても貴重なお話、
無駄には出来ない。
中傷、差別恐れず実名公開「悲劇語り継がねば」(東京新聞) あんたら娘だけ、犠牲になってくれんか 「(夫がいる)奥さんには頼めん…。あんたら娘だけ、犠牲になってくれんかと言われた。団の幹部にですよ」
現在もTBSで韓国の大嘘付きババアを出して必死に安倍叩きをしているが日本人の多くの犠牲があったのは当然の事実でしょうに。この方々にこそ損害賠償するべき。
「罪深い歴史を後世に伝える責任を感じていた」と昨年十一月、会により性被害の実態を詳細に記した「乙女の碑文」を建てた。十五人もの関係者から意見を聞き、四千文字を費やして何があったのかを明らかにした。
特攻隊を美しく散る桜に喩え、性奴隷の少女を「キッタネー」と蔑むことの罪深さよ。

敗戦直後、開拓団は保身の為に若い娘をソ連軍に差し出した。
「女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた」
「罪深い歴史を後世に伝える責任感じて」
「怖くても嫌とは言えなかった。女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた」。性の接待は二カ月ほど続いたという。
「17歳で人間の裏を知った」…。
満蒙開拓平和記念館行きたい。
まるで人身御供だな。
戦争だから、で片付かない問題を日本人はしっかり見据える必要。事実の掘り起こし、そして歴史の検証、語り継ぐこと。
同郷の若い女性によくこんなことが出来る・・・いや、これがまさに戦争状態ということだ。
慰安婦問題に蓋をする安倍真理教は、自国の女性をも冒涜する。まずは己の足下を見よ。全てはそこから始まる。
祖父は片倉から資源調査で満州に行ってた 負ける少し前に帰国したが、凡て紙切れになったと話していたよ 話せないこともいっぱいかかえて亡くなった
_φ(・_・ 接待をさせられた女性十五人のうち四人が性病などで現地で亡くなっている
知らなかった…こんな歴史もあったのか
性接待「私は満州で1度死んだ」中傷、差別恐れず実名公開「悲劇語り継がねば」 (東京新聞)
「怖くても嫌とは言えなかった。女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた」と…
帰国後もイジメられたと聞いた事がある。
。女は命を守るために性を提供することもある。そう教えられていた
どれほどの誹謗、中傷があったか…どれほどの苦悩を経験されたか!
読んで頭がクラクラした。
これね、悲しい真実なんだけど、この方軍関係者ではないよね?
民間人の接待を他国の方が受けるという衝撃の事実なんだよ?
どう捉えるかは自由。
戦争と性被害。隣の国の問題というわけではない。苦しみの中で我慢して黙り続けていたり、語る前に死んでしまった人は、「被害者でなかった」わけではない。
接待をさせられた女性十五人のうち四人が性病などで現地で亡くなっている。今、存命者の中で、佐藤さんだけが実名で取材などに応じる。
ソ連軍へ生け贄の様に差し出されて仲間を助けた人なのに、故郷では冷たい仕打ちまで受けたと…
なんで、そんな人を中傷や差別するんだろう?
東京新聞は、誰が罪深いと思っているのだろうか。

そこが疑問。
歴史伝える決意。  敗戦直後の旧満州(中国東北部)で、岐阜県の黒川村(現白川町)周辺から渡った黒川開拓団の女性が、団幹部の指示でソ連兵に性的な「接待」をさせられた
酷いのはロシア軍でも日本軍でも無いんや。全ては戦争が悪いんや。

戦争に是も非も無いんや。

市民を巻き込み、ゲリラ戦術、化学兵器、非人道的暴行、全て戦争の一部なんや。
”敗戦直後の旧満州(中国東北部)で、岐阜県の黒川村(現白川町)周辺から渡った黒川開拓団の女性が、団幹部の指示でソ連兵に性的な「接待」をさせられた。
女性にこういうことをさせた男たちの思想的DNAを引き継ぐ連中がJ民党やI新党やN本会議あるいはその支持者たちの中に脈々と生き残ってるんだろうなとは思う@
岐阜の黒川村。満州の悲劇。
>敗戦直後の旧満州(中国東北部)で、岐阜県の黒川村(現白川町)周辺から渡った黒川開拓団の女性が、団幹部の指示でソ連兵に性的な「接待」をさせられた///中傷や差別を恐れ、口を閉ざしてきた女性や遺族らは近年「悲劇を語り継がねば」と、行動を続けている。
日本の男たちは侵攻してきたソ連軍に警護を頼み、代償に未婚の若い女性を差し出した。
人々を救ったとして賞賛されても良いぐらいなのに、陰口を叩かれるのもいかにも日本的。原爆被害者が差別されるのも。-
言葉もない。これが戦争の現実なんだな。
勇気ある決意に敬意を表します。
東京新聞さん、団を非難するんじゃくて、ソ連軍を非難しようや。
全ての男がそうだとは言わないけど、サル以下だよね、発想も何もかも。 この時代にまかり通っていた、まず性欲を満たすって何だそりゃ。女は道具じゃない。
<つなぐ
『接待をさせられた女性十五人のうち四人が性病などで現地で亡くなっている。今、存命者の中で、佐藤さんだけが実名で取材などに応じる。「満州で一度死んだ。どう思われたっていい」と前を向く』
戦争は戦場での大量殺戮の悲惨な戦闘だけではなく、様々な悲しいことがあったんですね。この悲しい経験を知ると共にいつまでも戦後と言えるようにしていきましょう。
「あんたら娘だけ、犠牲になってくれんか」。満州で若い女性がソ連兵への性接待を求められ、人柱となりました。
歴史伝える決意〔東京新聞〕

二〇一三年。長野県阿智村にできた満蒙(まんもう)開拓平和記念館で講演…
以上

記事本文: 東京新聞:<つなぐ 戦後74年>性接待 満州で1度死んだ 女性、遺族ら 歴史伝える決意:社会(TOKYO Web)