東京新聞:<新型コロナ>給付金 共働きに不公平 世帯主で判断 実情合わず:経済(TOKYO Web)

13コメント 2020-04-14 07:53 東京新聞

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入が減った世帯に現金三十万円を配る支援策について、専門家から「共働きや、配偶者が家計を担っている家庭を考慮していない」と…

ツイッターのコメント(13)

ほんとこれなんだけど。どうすればいいんだこれ。飲食店経営&ミュージシャン夫婦、死ぬわ
世帯主の収入減少に限るって
あれかな?子供の休校とかで休むのは別途補助があるから?
そこらへん説明しないと
子供が休むとき仕事休むのは妻なのに!ってなるよね?
また始まった菅麻生の争い。世帯で考えるか、世帯主で考えるかの争いだ。アベノマスクでは安倍が目立ったが、給付金では菅と麻生が存在感を示そうとしているのか。バカな閣内の喧嘩を止め一律支給をすべきだ。国民を安心させ次の一手を考えるべきだ。国民に不安感を与えるな
やっぱり分かりにくいです。
それに、今の時代の家庭状況に合っていない感。
新型コロナウイルス対策の1つ
『給付金』の条件を絞った事で景気は停滞するばかりか後退して行くだろう

IMFへの拠出金は、政府が打ち出した総額108兆円に上るコロナウイルス対応の緊急経済対策の中から捻出されるのに自国の救済は渋る日本政府

優先順位が違うだろう❕
月収60万の人が半額30 万になって給付金もらえて、月収40万の人が月収30 万になってももらえない…。
これを公平っていうの?
「女性・高齢者活躍」に矛盾
口だけ良いこと言ってたことがよくわかる。範囲広げられて良かったけど、それはこういう報道がされたおかげだね
なるほど。世帯主からの自己申告制なのですね。
世帯主は夫、でも家計を支えているのは妻。そんな家庭にとって、妻の収入が激減したら一大事。なのに新型コロナウイルス関連で国から給付される現金は世帯主の収入が減った場合だけです。夫が働き、妻が家庭を守るという昭和の価値観に縛られていないでしょうか。
慌てて適当に考えたのか、あるいは本当に支払いを渋ってるのか知らんけど呆れた話。みんな死ぬまで働けと言われてもこれじゃーね。
東京新聞4/14記事「30万給付 共働き冷遇 世帯主基準「不公平」…共働き世帯:妻自宅待機は受けられない 夫自宅待機は受けられる 不公平な基準はただせ…
安倍さんの言う「女性が輝く社会」の手のひら返し・・・。単に労働力が欲しかったということでしょ。
以上
 
PR
PR