東京新聞:<国語教育に文学は不要か>(上) 「思考や表現力ゆがめる恐れ」 日大文理学部長 紅野謙介さん:文化(TOKYO Web)

15コメント 2019-09-18 13:43 東京新聞

 二〇二二年度に変わる高校の学習指導要領や、二一年から大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストの国語で、実用が重視され、文学が激減すると懸念が高まってい…

ツイッターのコメント(15)

「今更?」って言われるかもしれないけれど(脳内の批判者に)国語教育って激変するんだね……。文学……必要だと思うけれどなぁ……。
東京新聞:<国語教育に文学は不要か>(上)
文学が無くなった後の日本には一体どんな国民が生まれるのでしょう?
少なくともスティーブ・ジョブズのような人は生まれてこないと思いますが
"−なぜ実用性にシフトしているのですか?
 政財界の要望でしょう。それは、日本の経済的地位の失墜と世界的にリーダーシップをとれない混迷の表れ。アマゾンにもグーグルにもなれない現状に悲鳴をあげて、それを教育のせいにする。昔から繰り返されている問題です。"
“必修の現代の国語は、小説などのフィクションや詩歌などは入りません。実用的な文章を中心とした教材で教科書を作ることが実質的に支持されている状態です。法律や契約を巡る文章です。”
東京新聞
“みんなで議論し、より現実に即した改革案を練るプロセスがなくなり、現場が置き去りにされ、あるアイデアだけがどんどん実現に向かっている” / “東京新聞:<国語教育に文学は不要か>(上)  Web)”
国語教育に文学が必要か???その(1)・・・ .
文学をないがしろにする国語は、いずれ破綻する。もちろん法律も契約書も必要だが、文学がなければ生きていけない。
@kaokou11 引用:... 必修の現代の国語は、小説などのフィクションや詩歌などは入りません。実用的な文章を中心とした教材で教科書を作ることが実質的に支持されている状態です。法律や契約を巡る文章です。大学入学共通テストの記述式のサンプル問題も自治体の景観保護の(続
<国語教育に文学は不要か>(上)  紅野謙介さん この学習指導要領の改訂はマジでクソ。個々の裁量がかなり制限される。
絶対反対‼️
小説や詩歌は消え、法律や契約文書に…。高校の国語で実用文書が重視され、文学が激減すると懸念されています。<国語教育に文学は不要か>(上)
本気なのか日本人!?

アルフォンス・ドーデーの
『最後の授業』を思いだす。
<国語教育に文学は不要か>上  紅野謙介さん

こっちがどれだけ苦労して文学に励んで頑張ったと思ったんだよ、
なのに急に入らんとか
歴史も昔と変わったりしてるし変わりすぎだぞハッキリしろよ
なんか難しいことはわからんが、リーダーシップがある人たちは国語、得意な印象なんだよなぁ…個人の見解。

東京新聞:<国語教育に文学は不要か>上
以上
 
PR
PR