TOP > 政治・経済 > 東京新聞:安倍政権の迷走 国民と向き合わぬ末に:社説・コラム(TOKYO Web)

東京新聞:安倍政権の迷走 国民と向き合わぬ末に:社説・コラム(TOKYO Web)

24コメント 2020-05-23 08:24 | 東京新聞キャッシュ

 かつて「一強」とされた安倍政権だが、昨今の迷走は目に余る。根底には国民の声と真摯(しんし)に向き合おうとしない政権の政治姿勢がある。...

ツイッターのコメント(24)

「責任は『ある』だけでなく『取る』ものだ。」
安倍政権では新型コロナ収束は望めないのではないか
辞めるべきと書くべきでは〜<
まさに「国民と向き合わぬ安倍晋三」の一言に尽きる。枕詞に「己にとって都合の悪い意見を言う」と付け加えると、より的確か。 不正を繰り返し、責任を放棄する政治家は要らない。
法にのっとり、国民の批判も受け止めて政策に反映する。失政の責任は取る。そんな当たり前が出来る政権がいい!
新聞:安倍政権の迷走
東京新聞も朝日も毎日もハッキリと「安倍は辞任すべき」と書くべきだ。この段階に至って何を遠慮してる。安倍はこれまでの先人たちが築き上げてきた日本の民主主義や新しい政治への試行錯誤を破壊し続けてきた。ジャーナリストは遠慮なんかするな!
生活ギリギリのお年寄りがコーヒーをくすねたら逮捕されるのに、首相のお友達は何をしても捕まらない、そんな世の中はもううんざりなんです。
全て任せていることなのでわたくしに責任がございます
とうとうこんな記事まで出ましたか!
霞ヶ関の真に国を良くしよう奔走としてる方々の心労を察する
国民を見てない首相ってなんなの →
とんちんかんで迷走 巨額無駄金💢
東京新聞:社説 -> 「アベ辞めろ」を主張?
(黒川氏辞任)- そもそも元凶は安倍内閣、、(検察幹部人事に政権が介入できる検察庁法改正案) - 狡猾(こうかつ)な手法。責任は首相に「ある」だけでなく「取る」もの。具体的な形で取ったことがない。
「アベは責任とれ」
⇒人事への権限を認めない癖に責任とれと言うのか
「武漢肺炎対策は混乱と失敗」
⇒他国は数万の死者、検査を抑え死者を減らす作戦は大成功

東京新聞や左翼の言い分はこじ付け

アベ倒閣で得するのは中韓だけだ
対策や日本の発展を邪魔する左翼は人間の屑
いまここで安倍内閣を解散させ、与党野党を問わず適材適所で組閣し事にあたらなければ国民の命も経済も救えないのではないか。
〝「首相として当然責任がある」と述べたが、責任は「ある」だけでなく「取る」ものだ。首相はこれまでも自らの責任を認めつつも、具体的な形で取ったことはなかった〟
正しいことが正しく行われない、、心穏やかな日常を返して。
「根底には国民の声と真摯に向き合おうとしない政権の政治姿勢がある。統治能力の喪失も指摘され始めた。そろそろ限界ではないか」
根底には国民の声に向き合えないアベの人格がある。統治能力など最初からなかった。とっくに詰んでいる。
安倍政権を続けさせたら、国民にストレスが多発しそう。絶対にこのまま続けさせたらダメです!
「首相は「最終的には首相として当然責任がある」と述べたが、責任は「ある」だけでなく「取る」ものだ。首相はこれまでも自らの責任を認めつつも、具体的な形で取ったことはなかった」退陣あるのみ
7年間この調子なんだから迷走ではないです。そう見えるとしたら世間が変わったのです。
国民と向き合わぬ末に:
「かつて『一強』とされた安倍政権だが、昨今の迷走は目に余る。根底には国民の声と真摯(しんし)に向き合おうとしない政権の政治姿勢がある。統治能力の喪失も指摘され始めた。そろそろ限界ではないか」
限界を超えてる。
以上
 

いま話題のニュース

PR