TOP > 社会 > 学術会議、改革案を了承 任命拒否のまま違法状態…異論も:東京新聞 TOKYO Web

学術会議、改革案を了承 任命拒否のまま違法状態…異論も:東京新聞 TOKYO Web

20コメント 2021-04-09 06:05  東京新聞

日本学術会議は8日、都内で幹事会を開き、政府から求められていた会議の在り方について、情報発信力の強化など改革案素案を了承した。一方、会...

ツイッターのコメント(20)

菅さん、この件、絶対許さんからね。
新コロ騒動下の私権制限の違法性について何も言わない学術会議など要らない!👿
「政府の改革案の要求は、任命拒否の違憲・違法性からの『論点ずらし』。拒否で日本の国際的な信用を損なっている」と批判する。
望月衣塑子記者が書きました。
会議が推薦した候補者6人の任命拒否の理由を政府が説明しないまま半年が過ぎており、会員からは「違法状態が解消されないまま改革案が進むことに違和感がある」との厳しい声も。
任命拒否問題は説明もせず放置状態。
現内閣の性質と方向性を決定づける根幹の問題。
国会での追求を止めないで欲しい。
「政府の改革案の要求は、任命拒否の違憲・違法性からの『論点ずらし』。拒否で日本の国際的な信用を損なっている」
「政府が会議の求めに応じず、改革議論だけが進むことには違和感がある」
「政府の改革案の要求は、任命拒否の違憲・違法性からの『論点ずらし』。拒否で日本の国際的な信用を損なっている」。高山佳奈子京大教授の指摘する通りだ。菅首相こそが“日本を貶めている”ことになる。
【 任命拒否のまま違法状態…異論も】
安倍菅政権は、法律を理解できないことをいいことに、めちゃくちゃなことばかり
トンデモ政権
>会議が推薦した候補者6人の任命拒否の理由を政府が説明しないまま半年が過ぎており、会員からは「違法状態が解消されないまま改革案が進むことに違和感がある」との厳しい声も
執筆しました。



幹事会後、梶田会長は今後の会員任命について「事前のすりあわせのような行為や、定員を超えた(国への)推薦は考えていない」と述べ、あくまで選考プロセスを透明化して説明責任を果たす考え示す。
政府の改革案の要求は、任命拒否の違憲・違法性からの『論点ずらし』

任命拒否の理由を徹底的に糺すことが先決。佐藤優さんによれば行政権の肥大化しており、忖度しようと突っ走り気味で、政治に知恵と力がないゆえに「官僚機関説」状態になっていることの一端が露呈した。
"問題"があるかのように"でっち上げ" #redpurge を画策した #安倍前政権 からの引き継ぎ事項が事の発端…危ういのは #予言の自己成就 (根拠無き"思い込み"でも人々がそれを信じて行動を)…民主主義はガラス細工
♯日本学術会議への人事介入に抗議する
♯政府は任命拒否の理由を明らかにせよ
高山佳奈子京大教授「政府の改革案の要求は、任命拒否の違憲・違法性からの『論点ずらし』。拒否で日本の国際的な信用を損なっている」
“法学委員会幹事の高山佳奈子京大教授は「政府の改革案の要求は、任命拒否の違憲・違法性からの『論点ずらし』。拒否で日本の国際的な信用を損なっている」”

2021年04月09日 06時00分
東京新聞
外から指摘された改革について、第三者委員会等でなく、己で決定するという行為がダメだと気付かない学術会議。象牙の塔の中で、引き籠もっているほかないですね(失笑)。
まずは任命拒否の政府の態度を改めさせることが先です。
日本学術会議は8日の幹事会で、情報発信力の強化など改革案素案を了承しました。一方、会議が推薦した候補者6人の任命拒否の理由を政府が説明しないまま半年が過ぎており、会員からは「違法状態が解消されないまま改革案が進むことに違和感がある」との厳しい声も。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR