TOP > 社会 > SOS聞き入れられず…名古屋入管で亡くなった33歳スリランカ人女性 「助けてあげたかった」支援者の無念:東京新聞 TOKYO Web

SOS聞き入れられず…名古屋入管で亡くなった33歳スリランカ人女性 「助けてあげたかった」支援者の無念:東京新聞 TOKYO Web

20コメント 2021-04-07 17:21  東京新聞

英語講師になることを夢見て来日したスリランカ人女性(33)が先月6日、名古屋出入国在留管理局(名古屋入管、名古屋市港区)の収容施設で亡...

ツイッターのコメント(20)

酷い話、、適切な治療を受ければ亡くなる事はなかったんではなかろうか、、?



各地の入管施設では収容者の死亡例も相次ぎ、2010年以降で14人に上る。
殺人施設、日本の入管は現代のアウシュビッツか?
言葉がない。
各地の入管施設では収容者の死亡例も相次ぎ、2010年以降で14人に上る。
収容所の実態、どれほど過酷なものなのか詳しく分からないけど数字が物語っている。
名古屋入管スリランカ人女性見殺し事件

「先月3日の面会時、
ウィシュマさんは車いすから体を起こせない
ほどに衰弱していた。『素人目にも脱水症状
で命の危険が分かった』。
帰り際に絞り出した『ここから連れ出して』
という訴えが、最後となった」
各地の入管施設における収容者の死亡例は2010年以降で14人…単純な不幸とは思えない。
海外のアスがリートしたとかいう連中はこういうところに平気な顔してやって来るわけだが一般の人ならともかくテレビに顔が映っちゃうんだぜよく恥ずかしくないな
これは殺人事件です
先月3日の面会時、ウィシュマさんは車いすから体を起こせないほどに衰弱していた。
帰り際に絞り出した「ここから連れ出して」という訴えが、最後となった。
名古屋入管の対応は極めて問題。入管の裁量を拡大する入管法改正は許されない。

SOS聞き入れられず。名古屋入管で死亡の33歳スリランカ人女性

「日本で子供に英語教えたい」。次第に体調悪化。「食べても吐く」と面会時も嘔吐に備えバケツ抱え、車いすで現れるように。「早
入管は人殺し機関か?
移民や難民の皆さんを早急に受け入れるべき。
日本社会の人権意識が問われている。
「入管は衰弱する彼女を救済するのではなく、追い返すことしか考えなかった」
入管の医療放置による残酷な殺人はこれが初めてではない。ウイグル人の迫害に声をあげることを否定しないが、日本国内で起きている虐待と人権侵害に声をあげないのは何故なのか?日本の入管の問題は、日本人の手で正すことが出来る
明らかに排外的な人権侵害です!! 中国やミャンマーの人権侵害は勿論看過出来ませんが、同時に国内での人権侵害に向き合うべきです!!
女性のSOSは最後まで聞き入れられず、長期収容など入管制度の抱える課題が浮かぶ。
SOS聞き入れられず…名古屋入管で亡くなったスリランカ人女性 「助けてあげたかった」支援者無念
入管施設で収容者死亡例相次ぎ、2010年以降14人
国連人権理事会は入管難民法を「司法審査なしに収容を認め仮放免の決定にも行政府に無制限裁量」批判
東京新聞
入管の感覚の恐ろしいところは、まさにこういうところ。記事より。「入管は衰弱する彼女を救済するのではなく、追い返すことしか考えなかった」


東京新聞2021年04月07日
「助けてあげたかった」支援者の無念

東京新聞
“「素人目にも脱水症状で命の危険が分かった」。帰り際に絞り出した「ここから連れ出して」という訴えが、最後となった。”

「適切に対応していた」と名古屋入管。法相が指示した調査でどんな報告書を出してくるんだろ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR