TOP > 国際 > 横浜市南消防団 外国人防災指導チーム発足 韓国籍、中国籍の団員ら10人 「同じ国の仲間たちの力に」:東京新聞 TOKYO Web

横浜市南消防団 外国人防災指導チーム発足 韓国籍、中国籍の団員ら10人 「同じ国の仲間たちの力に」:東京新聞 TOKYO Web

10コメント 2021-04-07 08:19  東京新聞

横浜市南消防団に六日、市内初となる「外国人防災指導チーム」が発足した。南区は市内で三番目に外国人住民が多く、外国人団員らが地域の外国人...

ツイッターのコメント(10)

コンスじゃないから 👲女性かな 🤔
消防団に入る日本人がいなくなった結果、こういうことになった。
横浜市終わってる
> 昨年四月、消防団の入団条件が緩和され、在日外国人にも門戸が開かれた

今度は防犯意識の向上を目指して警察官の国籍条項も取りますか。
何で今まで国籍条項があったか?それは火事場〇〇の恐れがあるから。性善説は止めろ。:
「同じ国の仲間たちの力に」

偏った外国人枠。二か国語。そして東京新聞。つまりはそういう事やな。
消防団にやらせることじゃねえだろ?横浜市の消防署は馬鹿と間抜けしかいねえのか?ついでに市役所・・・は馬鹿と間抜けしかいなさそうだな
反日教育をしている国の人材を、再採用するべきではない!!
こうして乗っ取られていく
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR