TOP > 政治・経済 > デジタル庁関連法案が衆院通過 「首相に強大な権限」と法律家が緊急声明:東京新聞 TOKYO Web

デジタル庁関連法案が衆院通過 「首相に強大な権限」と法律家が緊急声明:東京新聞 TOKYO Web

46コメント 2021-04-06 23:17  東京新聞

首相をトップとするデジタル庁設置を柱とするデジタル改革関連法案は6日、衆院本会議で与党などの賛成多数で可決した。成立すると、デジタル庁...

ツイッターのコメント(46)

法律家「監視国家化への危惧は十分あり得る」
個人情報を目的外に使う要件を厳しくしたり、自己情報コントロール権の保障を明記する等の野党修正案を与党は拒否した、と。

個人情報を好き放題にするのが法案の目的ってこと。
これは許し難い法律だよ😨国家主義に行こうとしてるのか⁈
日本は民主主義の国。憲法で定められてるのにね。
デジタル法案が自民党などの賛成多数で衆院を通過!参院へ。法案に反対の法律家有志は抜本修正できなければ廃案を求める緊急声明を発表!法案の重大な欠点は新設のデジタル庁が勧告権など強力な権限を持つ為個人情報が本人の同意なく首相に集約される恐れがある事など!
デジタル庁関連法案に反対する法律家有志は国会内で記者会見し「デジタル庁は首相に強大な権限を与え、統治のシステムをゆがめる」などと問題点を指摘。参院で抜本修正できなければ廃案を求める緊急声明を発表した。
次の選挙が大事です。
絶対大丈夫じゃないよな
日本の安全は何処へ。
「首相に強大な権限」と法律家が緊急声明: 個人情報が本人の同意なく首相の下に集約されるとの懸念が出ていることを踏まえて「デジタル庁は他の省庁に君臨する組織になっていく可能性がある。監視国家化への危惧は十分あり得る」と指摘した。
個人情報に関する同意が必要なくなる、とも言える。
公文書偽造が続く中、相当の理由くらいはなんとでもなりそうな気がしてくる…
国レベルで個人情報の保護が蔑ろにされ始めたら、人権なんて国にすぐ奪われちゃうね。
戦前みたい。
どさくさ、拙速。
選挙までに結果が欲しいガースーに、深慮遠謀があるとは思えないが、結果的に将来独裁国家になるきっかけになるかも。意図している奴がいないとすると、本当に不幸。
「デジタル庁は首相に強大な権限を与え、統治のシステムをゆがめる」
どんどん独裁政治化を進めている。
選挙でNOを突きつけるやる!
スガ政権て本当にやり方がコスい。
影でこそこそこそこそ陰湿で意固地。
こんなの断じて認められない。
デジタル庁関連法案が衆院通過:東京新聞
「デジタル庁は他の省庁に君臨する組織になっていく可能性がある。監視国家化への危惧は十分あり得る」

初代デジタル庁長官 竹中平蔵
で、日本終了の〆⁉️🤔
コロナ対策そっちのけで、国民の個人情報を盗人の急ぎ働きの如くに括りあげ、持主に無断で国家が管理運用をしてしまえるなど、憲法で許されているはずが無い。

裸は人に見せるもんじゃないと教わっただろうが👹

⇒デジタル庁関連法案衆院通過 「首相に強大な権限」と法律家
詳しく追えてない、政府与党の火事場泥棒が密すぎてしんどい!
政権変えて廃案にしよう。
中国同然の監視国家へ⁉️
法律家「十分あり得る」
読了
監視されるのはイヤだな(そんなこんなでmyナnバ一カ一ドも登録出来ず
つまりすごくシンプルに言うなら「中国みたいにデジタル監視やりたいな法案」だね。
法律家?活動屋の間違いだろ?
連中から反対意見が出るってことは我々にとっては良いことなんだな。
デジタル情報悪用への厳しい罰則もないまま、デジタル庁関連法案が衆院を通過。官邸独裁がさらに進む。



法律家有志、「デジタル庁は首相に強大な権限を与え、統治のシステムをゆがめる」と問題点を指摘。廃案求める緊急声明を発表した。
自民党ってなんだかんだ言って中国共産党みたいになろうとしてるよね。


個人情報保護の強化を求めた立民の修正案が否決されたことを問題視。「監視社会化に対して、十分な手当てができていない」と批判した。

「首相に強大な権限」と法律家
要らないものばかりつくって

お金がかかるばかりで
ちっとも生活が良くならない
「安倍さんしかいない」みたいな特権的な誰かを頼るのがもう無理だと思う。
それより、頼れる誰かなんていない前提でも回せることが重要な気がする。
無理や無能に権限を集中させるとどうなるか。 /
もうマトモに反対できる野党もいない。
こういう部署に「デジタル庁」って名前を考えた人はホントに頭が良いんだろうなあ。
「三宅弘弁護士は衆院審議で、個人情報保護の強化を求めた立民の修正案が否決されたことを問題視。「監視社会化に対して、十分な手当てができていない」と批判した」
"行政機関が個人情報を目的外に使うことができる要件をより限定的にすることや、「個人情報の取り扱いについて自ら決定する権利」(自己情報コントロール権)の保障を明記することなどを求めた立憲民主党の修正案は、与党が受け入れなかった"
個人情報が許可なく制限なく政府に収集され利用される。個人情報を保護する視点がまるでない、監視されるためだけの法律。
国民にとって危険な法律がどんどん通過していく…
税務署「なん人たりとも税金逃れは許さない!」
ひどい内容。
“ デジタル庁は他の省庁に君臨する組織になっていく可能性がある。監視国家化への危惧は十分あり得る”
無理無理無理無理無理現政権にこんな情報管理、紐付け任せられない
「デジタル監視法案に反対する法律家ネットワーク」の海渡雄一弁護士はデジタル庁が、個人情報が本人の同意なく首相の下に集約されるとの懸念が出ていると指摘
―個人情報が本人の同意なく首相の下に集約される懸念
―「監視国家化への危惧は十分あり得る」
法案に反対する法律家有志は「デジタル庁は首相に強大な権限を与え、統治のシステムをゆがめる」などと問題点を指摘。参院で抜本修正できなければ廃案を求める緊急声明を発表した。
危惧は持っておくべき。ただそれに固執し過ぎて、結局、cocoaみたいに実績がなかなか上がらないものになっても困る
「監視社会化に対して、十分な手当てができていない」
基地外に葉物。
「個人情報が本人の同意なく首相の下に集約される」

怖い。

与党はいつまでも与党でいられると思ってるのか。
選挙の如何ですぐ監視される立場になる可能性があるのに。
法律家「監視国家化への危惧は十分あり得る」
自民党に権力を与えてはいけない。
法案に反対する法律家有志は国会内で記者会見し「デジタル庁は首相に強大な権限を与え、統治のシステムをゆがめる」などと問題点を指摘。参院で抜本修正できなければ廃案を求める緊急声を
国民も考えなくては
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR