TOP > 政治・経済 > 島根県知事、聖火リレーの条件付き容認を表明 二階氏が補正予算案の可能性に言及:東京新聞 TOKYO Web

島根県知事、聖火リレーの条件付き容認を表明 二階氏が補正予算案の可能性に言及:東京新聞 TOKYO Web

14コメント 2021-04-06 19:32  東京新聞

島根県の丸山達也知事は6日、東京都内で記者会見を開き、中止を検討していた県内の東京五輪聖火リレーについて、条件付きで実施を容認する考え...

ツイッターのコメント(14)

県民目線で考えている知事は、全国でこの人だけであると思う。
二階の追加予算の甘言に釣られちゃった?
コロナ対策で県民を守る姿勢は格好かったんだけど。
追加予算を引き出す為だったのなら結構な策士だな。
逆に言えば、リレーを中止したら補正予算つけないって脅しだよな。

島根知事にはもっと強硬姿勢をとってほしかったけど、お金の話をされると苦しいわな…。
なんだそれ? 銭が整えばそれでいいのか? そもそも、宣伝車の音量を下げたところで、コロナ蔓延防止とはなんの関係もないだろう?
こへでは自らの主張を通すために、聖火リレーを人質にしたとしか考えられない。
方針転換した理由については、自民党の二階俊博幹事長が2021年度補正予算案編成の可能性に言及した点を挙げ、実施の条件として要望してきた新型コロナウイルス感染抑制地域の
うまい交渉とは思わない。
リレーをせず、政府に支援を捻出させてほしかった。
>実施の条件として要望してきた新型コロナウイルス感染抑制地域の飲食店への追加支援策が、盛り込まれる余地があると判断した。音量制限についても検討されることに。
あれ〜…。
残念なような、結局、・・・なんですね
聖火リレー 条件付き「容認」へ 島根県の丸山達也・知事
方針転換した理由について
二階幹事長が2021年度補正予算案編成の可能性に言及した点を挙げ
実施の条件として要望してきた新型コロナ感染抑制地域の飲食店への追加支援策が盛り込まれる余地があると判断した

二階氏が補正予算案の可能性に言及 「補正予算の検討に盛り込んでもらうためには、聖火リレーを中止するという選択をすることは飲食店事業者にプラスの影響を及ぼさない」

自民党を、二階を政治の世界から追放するしかない。
二階氏が補正予算案の可能性に言及

リレーに伴走するスポンサー車両の音量制限などを求める。「補正予算の検討に盛り込んでもらうため」

:東京新聞 TOKYO Web
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR