「10時間で休憩30分だけ」 米アマゾンで初めての労働組合結成の動き佳境に 倉庫労働者が窮状訴える:東京新聞 TOKYO Web

12コメント 2021-03-26 06:17 東京新聞

【ワシントン=吉田通夫】米インターネット通販大手アマゾン・コムで初となる労働組合の結成に向けた動きが注目されている。米南部アラバマ州の...

ツイッターのコメント(12)

RWDSU(Retail, Wholesale and Department Store Union:小売,卸売,百貨店組合) : 米国の小売業等の労働組合。過酷な労働条件のアマゾンに労働組合をつくるべく運動をしている。
Amazonは中小企業ではありません。ワールドワイドに展開している企業である以上、労働組合はきちんと結成すべきです。
Amazonは労働組合結成を妨害するな!

「アマゾンはこれまで組合の結成を妨害してきたといい、今回も「組合を悪者にする会議を開いたり、倉庫の至る所に組合に反対する看板を立てている」(ジェニファーさん)という。」
コロナ禍の巣ごもりで需要の高まる通販大手アマゾン。米国の倉庫で過酷な労働をしいられる人々が、労組の結成を目指しています。

TOKYO Web
米国内のアマゾンでは数十万人が働くが、アマゾンの倉庫労働者の時給は15ドル(約1600円)程度で募集しており、週40時間働いても年収は約340万円。

対して社内教育のカリキュラムをつくる社員は年収11万110~16万ドル(1100万~1700万円)で募集しており、所得格差は大きい。
2月8日にほとんど同じ内容でForbes JAPANが報じていたのだが。一ヶ月以上ものあと追いにしては中身が薄過ぎ。 =>
Amazonって労組なかったんだ…
「アマゾンの倉庫労働者の時給は15ドル(約1600円)程度で募集しており、週40時間働いても年収は約340万円。対して社内教育のカリキュラムをつくる社員は年収11万110~16万ドル(1100万~1700万円)で募集」
アマゾンの考えをもう少し読みたいですが。
1人1人の権利は守られるべきだし、搾取の構造はなくしていくべきだと思います。
数十万人が働く企業に労働組合がないのは驚きです。格差是正につながる動きとして注目されます。
アメリカのアマゾン・コムで初となる労働組合の結成に向けた動きが注目されています。アラバマ州の倉庫労働者が本社社員との所得格差の是正などを求め、同倉庫で働く6000人に組合結成の是非を問う郵便投票を実施しています。
所得格差
以上
 
PR
PR