TOP > 社会 > 東京のコロナ感染者急減、「積極的疫学調査」縮小したから? 専門家は「無関係」:東京新聞 TOKYO Web

東京のコロナ感染者急減、「積極的疫学調査」縮小したから? 専門家は「無関係」:東京新聞 TOKYO Web

187コメント 2021-02-07 06:16  東京新聞

東京都の新型コロナウイルス新規感染者数が大きく減ったのは、感染経路や濃厚接触者を追跡して調べる「積極的疫学調査」の規模を縮小したからで...

ツイッターのコメント(187)

※専門家の意見としては、検査縮小と感染者の減りは「関係ない」みたいなので、本ツイートはエビデンスベースドツイートではありません
2月7日の記事。
>感染経路不明者の割合だ。追跡調査で見つかる感染者は感染経路が特定できる。その調査を縮小すれば、全体の感染者に占める不明者の割合は上がるはず。しかし都の感染者状況を分析すると、縮小通知の前後で不明者の割合は62・9%から51・3%とむしろ減少している
「12月頃から追いきれてない」「やっていない保健所もあった」

これって、変異株調査に影響あるんとちゃう?
定期的に流れてくる「東京都は感染者数を減らすために濃厚接触者の追跡をやめた」ってやつをまた見かけたから2/7に出たこの記事貼るね。
もう一か月くらい前にこういう見解が出てるけど。
保健所の対応が現場でのキャパシティに対応する形で機能不全に陥っているとすれば、COCOAはダメだけど、デジタルツールでモニタリングする方法とか別の方法も模索が必要ですね。
記事中の経路不明者と無症状者の割合が2/22前後で
何%になってるのか、かねぇ……増加してんじゃないの、
という予測なんだが
まあそうね、12月以降、濃厚接触者の追跡をしてないんだものね。せめてPCR検査を拡大すれば、一時的には感染者数が増えてもその後行動が変わるのに。

「複数の保健所によると、昨年12月ごろからの感染者増で、事実上追い切れないケースが続出。」
流行は抑えられているのは明らか(西塚至所長)↔ 感染蔓延で経路調査に意味なし(神奈川県)←Antithese. 振り回されますなぁ.
調査減は無関係だってニュースもあるな
おーい見てるかー「積極的疫学調査を縮小したから減ったんだ」論者の人達~wwwwww

でも確かにそうか追跡でわかるは感染経路特定できるからそれを減らしたなら感染経路不明が増えるはず→でも実際は減ってる は納得が行くよね
一桁迄数字を出している時に、すごくざっくりした見方で「無関係」としてる印象です。
東京はこの1年ずっと「ざっくり」数字でOKとしてます。ほんとにこれでいいのでしょうか?
東京は税金もざっくる使ってるのか?と思ってしまいます。
都の感染者数が減っているのは積極的疫学調査の規模を小さくしたからではないらしいのだけど、「そもそも〔規模縮小の〕通知の前後で、保健所の調査方法に大きな変化はない」≒積極的疫学調査自体を十分に行えていたわけではないとも示唆されていて、それはそれで悩まし…
1月22日以前も保健所の能力からリスクの高い人や集団感染の恐れがあるケースしか追えてなかったから、それ以降も変わりはないということなのか。
調査報道はちゃんとして欲しい。都のモニタリング会議メンバーだけに聞くのではなくて、他の意見も伝えて欲しい。
最近の感染者減の流れは各国も同じだからこの記事の内容は正しいように思われる。しかし、「昨年12月ごろからの感染者増で、事実上追い切れないケースが続出。」ってまずいだろ。
「保健所によってはすでに全然やっていなかったようだ」

どこだよ....
「墨田区保健所は、通知後も陽性者1人ずつに詳しい調査を継続。それでも陽性者は都内全域と同じように減少しているといい、西塚至所長は「流行は抑えられているのは明らか」とみる」
事なかれ主義と隠蔽体質
東京新聞が意識的減少操作を否定している。
感染者数が減ったというニュースを見ると、裏に政治的意図があるのではないかとつい疑ってしまう。何しろ大元が文書の改ざんを平気でする国なので。ああ情けない。
なるほど、以前から濃厚接触者をすべて追い切れていたわけではなかったという。このゆるい自粛でこれだけ減るというのは、飛沫がいかに危険かということか。
記事にしてくれてよかった。
件数少なきゃ出るのも少なくなるだろうが。
そもそも日本に専門家などいない。
専門家の言うことが正しければ、昨年にオリンピックは開催されて、今頃日本は感染を抑え込んでいる筈。
なんで無関係なの???濃厚接触に当たらないと言って検査を放棄し自費で受けたら陽性でしたが出てますよ・・・
PCR検査数を意図的に少なくしているのか否か。不信感が募るばかり。
「1/22
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時的な措置として~(保健所業務逼迫で追いきれなくなった為)積極的疫学調査の規模を縮小する方針を通知した」←やはり気にしてしまう。

東京新聞の分析取材だから、信じてみたい気はするものの…↓
「ある保健所長は「前から濃淡は付けている。通知によって変わったことはない。保健所によってはすでに全然やっていなかったようだ」都の職員も「通知は実態に合わせた面がある」

もともと濃厚接触者を追い切れてなかったんですね、、、
“そもそも通知の前後で調査方法に大きな変化はない/昨年12月ごろから事実上追い切れないケースが続出/「前から濃淡は付けている。保健所によってはすでに全然やっていなかったようだ」” →
何が本当で、何が嘘なのか分からない。でも「積極的疫学調査」を止めた途端、コロナ陽性者が減ったのは事実。でも、ここまで減ると無関係のような気もする。
なるほど。が、油断禁物。
専門家は莫迦しかそろっていないようだ。
この世に無関係で居られる事象は存在しない。
"保健所によってはすでに全然やっていなかったようだ"
「調査を縮小したから感染者も減った」のではなく、「実際に感染者が減っている」ようです。
へ?さっぱり理解不能、、、、現状追えてなくない?🧐
東京都のデータでは、PCR検査件数自体も1月上~中旬に比べると減少しているものの、12月下旬レベルだしね。冷静な分析だな。
■都が追跡調査の対象を、リスクの↗️や集団感染の恐れがあるケースに重点化するよう通知したのは1月22日。連日1200人以上だった都内の新規感染者数は直後から1000人を割り込み、2/1には2カ月振り400人を下回るなど減少傾向が続いている
もう数値じゃ新型コロナウィルスの流行がわからないね…
さて、どうすれば良いのかな??
第三波に入った昨年11月、厚労省は最優先の調査対象を高齢者施設など「重症化リスクのある人が多数いる場所・集団」とし、縮小路線に。神奈川県は今年1月9日から、高齢者施設や福祉施設など以外は、原則として調査をしない大幅縮小方針を示している。

徹底検査すべき時に?
専門家は「無関係」2021/02/07 東京新聞
←極めて当たり前のこと。但し、これによって爆弾を背負い込んでもいる。
東京のコロナ感染者急減、「積極的疫学調査」縮小したから?
昨年12月頃からの感染者増で追い切れないケースが続出。ある保健所の所長「通知によって変わったことはない。既にやっていなかった保健所も」。都の職員「通知は実態に合わせた面がある」
とてもうがった見方をします。
何故、無症状で検査するんですか?
それって陽性者と接触があったからですよね?濃厚接触者認定もかなり曖昧ですし。
その人が検査して陽性反応出たら、無症状者で感染経路わかる人になりませんか?
これは良い記事。
感染経路不明者の割合は減少/感染者に占める無症状者の割合は増加
これは重要なデータ。
信頼できるデータに基づき、正しい理解を持ちたいものです。
この記事はただの自己正当化。
何故世界平均よりも圧倒的に少ない検査数で保健所の負荷を気にしないといけないのか。それを伝えてほしい。
が信じられない気持ちもわかる。
それだけ行政や政府に信頼がない。政府は少なくともそれだけのことをした。

しかし、こちらのように、飲食店をはじめみんなの類い稀なる努力のおかげで成った、この数字は信じていいと思う。
栞▶️事実上追い切れないケースが続出。23区のある保健所の所長は「前から濃淡は付けている。通知によって変わったことはない。保健所によってはすでに全然やっていなかったようだ」と説明。都の職員も「通知は実態に合わせた面がある」と明かす。
もっと見る (残り約137件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR