TOP > 社会 > 新型コロナで「生きていくのが難しい」6割超 実質的な失業者へ追い込まれる女性たち:東京新聞 TOKYO Web

新型コロナで「生きていくのが難しい」6割超 実質的な失業者へ追い込まれる女性たち:東京新聞 TOKYO Web

28コメント 2021-01-19 23:01  東京新聞

野村総研は19日、女性のパート・アルバイトで、統計上の失業者には含まれないが、同じような状況にある「実質的失業者」の調査結果を公表した...

ツイッターのコメント(28)

パートやアルバイトなどの働き方の女性たちはパートナーがいて補助的な働き方だとの先入観により、シフトも減らされる傾向にあり、それがより加速していることが読み取れる。コロナ禍以前は困窮していなかった人も多いと思う。ぜひ、路上に出る前に相談に行って欲しい。
今月の初頭の正規にカウントされている失業者で8万人越え、実質は10万を越えてるだろうと思うし、
----
「実質的失業者」とみなし、こうした女性が約90万人いる
-----
合わせれば100万人をゆうに越えてくる。
これらみんな生活保護の申請に行け、と……
これだけの数を除外する調査ってスゴイくない?
残酷な天使の理論ちょっと聞こえた気がする
統計失業者の定義、時代に合ってない
"女性のパート・アルバイトで、統計上の失業者には含まれないが、同じような状況にある「実質的失業者」の調査結果を公表した。"
これすげー感じる。
頑張って派遣受かったけど
給料まるまる貰えるの来月からだし、これまでの貯金を切り崩しまくってるから、この先不安しかない😑
原資が税金の定額給付金を支給しろ!
ガースーの飲み食いに浪費はやめろ!
これ、ほんとなんとかしてやらんと日本が滅ぶ
「野村総研は19日、女性のパート・アルバイトで、統計上の失業者には含まれないが、同じような状況にある「実質的失業者」の調査結果を公表した」 

1を1と数えて貰えない状況 

数えてもらうためには、正社員男性脳で作成された基準を超えないといけないハードル
コロナで「生きていくのが難しい」6割超 追い込まれる女性

野村総研は、女性のパート・アルバイトで統計上の失業者には含まれないが同じ状況の実質的失業者の調査結果を公表。「生きていくのが難しい」と感じる人が6割に上り、将来への不安が増す女性の現実が浮かび上がった
6割もの人たちがこんなこと思って日々暮らしてるなんて。。
与党も野党も、政治家は何をしてるんだ??
右も左も何党でも何でもいいから、
本気で国民救えー!!
「生きていくのが難しい」。なんて苦しい言葉だろう。
新型コロナで「生きていくのが難しい」6割超。政府のやっていることにいちいちケチをつけるなと言った与党の老政治屋がいた。この調査結果が示しているのは、紛れもない政治の機能不全である。これを見ても同じことが言えるなら、人非人と呼んでも差し支えあるまい。
政府内外およびマスコミも
女性が大きな影響を受けていると報告や提言をあげている。
嘘偽りなく、この緊急事態宣言で、仕事オールキャンセル=無収入
二階氏の発言
「政治にケチつけるな」
この言葉の意味がわからない。
コロナにより休業、シフト減になったパート女性への調査で「金銭的な理由で、この先生きていくのが難しい」が62・8%でした。
私が初めに勤めた会社が潰れそうになったときは、月給が2度止まり、携帯電話が止められました。
政府は、困っている人たちに支援を。
コロナで『生きていくのが難しい』6割超え

職を失った方が1番痛感してると思う。
"もっと自分に稼ぐ能力があれば…"
でも今からでも遅くない。
コロナだからこそ需要がある分野のスキル身に付けて、再起しようぜ。
諦めなければ何とかなる。
「今回の対象者と本来の失業者を合わせた実質的な女性の失業率を5・2%とみている。」
新コロ感染より恐ろしいのは、コロナ禍を理由に着々と国民への管理と監視、国民資産収奪の効率化を可能とするルールをおっ立てようとする、日本政府の悪意に満ちた方針デスぜ?
「コロナ前は支援が必要ではなかった人も、実質的な失業者へと追い込まれている。現状を『見える化』して寄り添った支援が必要」(総研の武田佳奈氏)
野村総研が、女性のパート・アルバイトで、統計上の失業者と同じような状況にある「実質的失業者」の調査結果を公表しました。
失業者の定義は本来、月の最終週に全く仕事をしなかった人だが、野村総研はコロナの影響で「仕事量半分以下、休業手当なし」だった人を失業者に近い「実質的失業者」とみなし、こうした女性が約90万人いると推計。
兎にも角にも、セーフティネットの脆弱性がゆえ。頼みは生活保護だけだから。それが使いにくいし。緊急事態なのだから、政府は避難先を用意しておくべき。
コロナで実質的な失業者となる女性、6割超

女性のパート・アルバイトで、統計上失業者には含まれないが、実際の生活が苦しい「実質的失業者」は、その6~8割が生活や将来への経済的不安を訴え。コロナ前の世帯年収は400万円未満の女性が半数以上。貯蓄が半額になった人は44%
実質的な失業者へ追い込まれる女性たち


野村総研は19日、女性のパート・アルバイトで、統計上の失業者には含まれないが、同じような状況にある「実質的失業者」の調査結果を公表した。
何故、第二次給付金支給しない⁉️

国は、よく日本国民に支払いの義務と言うが‼️

国もいざとなると日本国民全員に支払いの義務があるのではないだろうか⁉️
性別に関係なく、国民は苦しんでいる。貧困化はどんどん進行している。コロナ禍が落ち着くまで、ベーシックインカム的に給付金を支給するべきである。同時に消費税廃止
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR