TOP > 社会 > <新型コロナ>自宅療養患者の健康管理 「県が確認」から「自分で管理へ」 神奈川県:東京新聞 TOKYO Web

<新型コロナ>自宅療養患者の健康管理 「県が確認」から「自分で管理へ」 神奈川県:東京新聞 TOKYO Web

27コメント 2021-01-19 19:01  東京新聞

神奈川県は、新型コロナウイルスに感染して自宅療養している人の安否や健康状態を県が確認する体制から、療養者に自己管理を求める体制に、月内...

ツイッターのコメント(27)

健康観察もやめてますよね?一体何の「実効性を担保」しようと?

> 神奈川県は、新型コロナウイルスに感染して自宅療養している人の安否や健康状態を県が確認する体制から、療養者に自己管理を求める体制に、月内にも変更する方針を明らかにした。
もう5日前の記事だけど、積極的疫学調査だけでなく健康観察も手薄になる…。
正に自助が始まったスガ首相のお膝元❗️感染者迄自分で考えろと言う無責任な政権だ!
現在、自宅療養者全員に貸している「パルスオキシメーター」は、死亡率が低いとされる40歳未満には、【原則として貸し出さない】ことに。コストカット!なぜ継続しない?/ 「県が確認」から「自分で管理へ」神奈川県:東京新聞
早い話すでにしている事実上の医療崩壊隠しの為自分で管理という、行政の怠慢と責任逃れ。黒岩知事は全てこのパターン言い方はそれらしいが、自分の責任逃れが第一
生きるも死ぬも自己責任って事かしら。あらら…
こうして弱者は切り捨てられ、忘れられ
誰にも気づかれず、誰にも看取られず
ひっそりと亡くなるわけです

難病かつ、睡眠時無呼吸症候群で
SPO2がよく下がる自分はどうなるんだろ?
一方で、自宅療養者全員に貸している血中酸素飽和度を測る機器「パルスオキシメーター」は、死亡率が低いとされる40歳未満には原則として貸し出さないことにした
💢💢🙅‍♂️🙅‍♂️🙅‍♀️🙅‍♀️💢💢💢
オキシメーターも貸してもらえないのか。
自分で入手できないだろうに。
かなりハイリスクだな。

他の部門から保健所への
人的応援は当然出てるんだよね?
安否などの確認、毎日2回が1回に

「パルスオキシメーター」、40歳未満には原則として貸し出さない

神奈川モデル…恐怖の自己管理😱
神奈川作法には目眩がしてくる...
どんどん「自助」に寄せてるな、神奈川県。
黒岩もボチボチ駄目だな・・・
ついに県が放棄、自分でやれと。これが自助か。
「自助」の国の現実。
tvkのニュースを読んで、最初はショックを受けた。しかし、棄民政策を推し進める日本政府の姿勢を見れば、「当然そうなるか」と思った。もはや行政は国民を守らない。
えっ、え〜😱
神奈川県ちょっと危ない気がするのは気のせいでしょうか。。。

いずれ、東京を抜かす日が来るかもしれない。。。

もう少し落ち着くまではお出かけは最低限かな。。。
発熱で、もうろうとしても自己管理(自己責任)。「もう面倒を見ない」宣言と同じ。
金ある人は引っ越しを考えているらしい。

東京新聞
もう滅茶苦茶ですよね、現場に負担かけてるのはあなたです!
県はパルスオキシメーターを1万9300個確保している。
40歳未満の人への貸し出しをやめることにした。
貸し出したパルスオキシメーターが返却されないとは、なんたる民度の低いこと…
無駄且つ無意味なものが改善されることはいいが、まだまだ多過ぎる。実際はリソース不足からだが、過剰対応をやり続けて「崩壊」騒ぎするよりはマシ。それを叩きたい東京新聞が愚かなのは言を俟たず。

自宅療養患者の健康管理
🟥【公助放棄宣言】の神奈川県知事!?
自宅療養者は17日時点で約5100人。神奈川県の医療危機対策統括官は「昨年11月から15倍に増えており、業務量が限界を超えている」と話している
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR