TOP > 政治・経済 > 蓮舫議員、施政方針原稿を菅首相の演説前にTwitter投稿 立憲民主党「不適切だった」:東京新聞 TOKYO Web

蓮舫議員、施政方針原稿を菅首相の演説前にTwitter投稿 立憲民主党「不適切だった」:東京新聞 TOKYO Web

15コメント 2021-01-19 08:03  東京新聞

立憲民主党の蓮舫代表代行は18日、菅義偉首相の施政方針演説原稿の一部を撮影した画像を、首相が国会で演説する前にツイッターに投稿した。与...

ツイッターのコメント(15)

「中身のない」「スカスカ」原稿に勝ち/価値はない⁉️・・・
マスコミでも国会議員でもない人は、演説の内容は事前に知り得ない。マスコミでも国会議員でもない人は、演説、会見、質疑応答は芝居ではないかと疑う。だからでは。
野党共闘も叫ばれる中、立憲議員のこういうミスは残念だ。
>ツイートでは原稿の表紙と冒頭部分の画像を掲載。「私が、一貫して追い求めてきたものは、国民の皆さんの『安心』そして『希望』です」との内容を引用して「果たして届いているでしょうか」と書いた。

蓮舫議員、施政方針原稿を菅首相の演説前にTwitter投稿:東京新聞
蓮舫 
≫内閣総務官室に確認し、取り扱いに縛りは特段ない…
⇒嘗て国会の歴史的建物でファッション雑誌のモデルを演じた ≪あの軽薄な蓮舫≫ がさらに劣化し惚けている…。
これまでの十年近い歳月は、この女にはなんの意味もなかったようだ。枝野にも立憲民主党にも…。
入手経路がどうであれ、発表前の原稿を公表する行為は明白な著作権侵害行為で犯罪だ!!立民党は所属議員の犯罪行為を「不適切だった」と謝罪するだけで終わりか?
こういうところですよ。自分で謝罪してないやん。党にさせてるやん。これで人の事をあらん限り痛罵するんだから、大層なご身分ですよ。|
原稿をダラダラ読んで満足するなんて現代の会議じゃご法度。公表後、すぐに議論に入ればいい。どっちが国会軽視だか。
自民党側は「国会軽視で見過ごすことはできない」と批判したというが、憲法に基づく臨時国会の召集要求を拒否し続けてきた側が何を偉そうに言ってんだという話。
この人が政治家自体が不適切デス。
ボーナス返還。
東京新聞も取り上げたという事でこれに対するイソコの意見が聞きたい。
2018年に撮影した写真を、わざわざ載せて記事にするところに、東京新聞の悪意を感じる…

恥ずかしい。
あのツイートが問題なのは信義則に反するだけではなく、演説の中身より「話し方」を批判の対象にしようとした部分。そこを記事にせず恣意的に事実を切り取った東京新聞さんの報道。最近、東京新聞さんにも客観的で良い記事が多かっただけに残念。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR