「文明開化の象徴」、車両基地跡地から驚きの出現 高輪築堤遺構:東京新聞 TOKYO Web

32コメント 2020-11-22 07:28 東京新聞

1872(明治5)年の鉄道開通時をほうふつとさせる高輪築堤(ちくてい)の遺構が、東京で最も新しいJR駅「高輪ゲートウェイ」(東京都港区...

ツイッターのコメント(32)

高輪築堤て、こんな海?の上を走っていたんですね。
ロマンある。ほんとに海だったんだな、、
こういうのを後世に遺して行くのも今を生きる企業の役割だと思うけど、目先の売上利益みたいな内輪の論理を優先してこういうの潰しかねないのが心配

関連記事。例の「海上を走る陸蒸気」の錦絵も。
この遺構を保存しない可能性って、あるのかな…?
のこしてほしい。わたしも自分の目で見てみたい。
承前)
こちらの記事には「海の上を走る陸蒸気」の錦絵があります。
錦絵の「東京品川海辺蒸気車鉄道之真景」に描かれている高輪築堤だそうな。当時の写真どこかに残っていないかなぁ😆
明治初期の鉄道線路遺跡出土

新橋ー横浜間の鉄道線路、
「高輪築提」
文明開化の象徴として、是非保存して下さい。
これは見に行く価値あり! まさか日本初の鉄道の築堤が発掘されるとは思わなかった・・・
 
PR