TOP > 国際 > 【独自】朝礼、訓示、休日出勤「まるで会社」 フィリピンの廃ホテルはニセ電話詐欺の拠点だった:東京新聞 TOKYO Web

【独自】朝礼、訓示、休日出勤「まるで会社」 フィリピンの廃ホテルはニセ電話詐欺の拠点だった:東京新聞 TOKYO Web

10コメント 2020-11-13 07:03  東京新聞

フィリピンを拠点にしたニセ電話詐欺グループの36人が昨年11月に現地当局に拘束された事件で、マニラ首都圏の入管施設に収容中の30代の男...

ツイッターのコメント(10)

"かけ子の日本人男女が約60人いて、6、7階で電話をかけ、別の階などで寝起きした。毎日午前7時半に朝礼があり、グループ幹部の訓示を直立して聞いた。仕事は午後5時までだが、ノルマを達成できないと土曜日も働いた。2階には日本食が出る食堂も"
なんかブラック企業に就職したのと良くも悪くも?変わらない気が。
こういう独自取材はどんどん他の新聞もやるべき。
ニセ電話詐欺は卑劣。関わった人は皆、罪を償うべきだと思います。
ただ、実働部隊である「かけ子」などは搾取される側でもある。搾取する犯罪組織の上位者の犯罪は立証しづらい不条理。

「まるで会社」
強制送還された18人は窃盗罪で起訴された。うち16人は東京地裁で懲役2年4月~3年4月の実刑判決を受け、2人は公判中。収容中の18人は、日本で実刑判決を受けてもフィリピンでの拘束期間は、刑期に含まれない。
🌟練習もあるそうです。
去年パタヤで日本人の振り込め詐欺グループが摘発されたけど今回はフィリピン
ほんま、会社や。
拘束されて1年。仲間たちは帰り実刑判決を受けて、罪を償い始めているが、留め置かれてる18人にとって、この一年はまるで無駄な時間。日本で実刑を受けても、この一年は、刑期に含まれない。
詐欺師は頭がいいです。なお、掛け子だろうが出し子だろうが、刑はかなり重いです。
海外進出した詐欺会社。詐欺に違和感を持たない地方へ進出する詐欺グループ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR