TOP > 政治・経済 > 「首相の行動は誤っている」 学術会議の元会長が任命拒否を批判<野党合同ヒアリング要旨>:東京新聞 TOKYO Web

「首相の行動は誤っている」 学術会議の元会長が任命拒否を批判<野党合同ヒアリング要旨>:東京新聞 TOKYO Web

10コメント 2020-10-09 22:24  東京新聞

日本学術会議の会員候補の任命拒否問題を巡り、広渡清吾、大西隆両元会長が9日の野党合同ヒアリングで発言した要旨は次の通り。 広渡氏 日本...

ツイッターのコメント(10)

なぜこの合同ヒアリングに歴代会長のうちこの2人なのか?
2018年の学術の動向での元会長の座談会の中に吉川、黒川、山極氏に混ざってちょうど間の任期を務めたこの2人が何故入っていないのか?

不自然と思いませんか?
科学、学術を無視見下す菅外道はノミ、シラミのダニ以下と断言して良い。
@nippyo 広渡清吾先生(日本学術会議元会長・)の著作もご紹介していただければ幸いです。
「首相の行動は、全く誤っている」
と、日本学術会議の広渡清吾 元会長。
「官邸の意向で選考が変わることは
あってはいけない」と、同じく大西隆 元会長。
反日ボケ老害は明日の日本には不要!!
日本が壊れていったのは、そうあう理由なんだなあ。

あと、東大の学術ラベルが世界的にも落ちてると言われる理由はこういう人たちが原因なんだろうな。
来年度予算0でお願いします。
だから自民党の存在そのものが誤っている。
学術会議の元会長が任命拒否を批判<野党合同ヒアリング要旨>

の任命拒否問題。#野党合同ヒアリング での #大西隆 元会長、#広渡清吾 元会長の詳しい証言はこちらです
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR