TOP > 社会 > 大麻合法化を巡ってNZで世界初の国民投票 :東京新聞 TOKYO Web

大麻合法化を巡ってNZで世界初の国民投票 :東京新聞 TOKYO Web

12コメント 2020-10-09 06:38  東京新聞

【シドニー=共同】ニュージーランドで17日に行われる総選挙にあわせ、嗜好(しこう)用大麻の使用合法化の是非を問う国民投票が行われる。国...

ツイッターのコメント(12)

アメリカと同じで警察と少数者の問題も関わっている。

『賛成派のヘレン・クラーク元首相…先住民マオリが大麻所持で摘発されるケースが白人より多いとされ、捜査当局に対するマオリの不信感も根強いことから、合法化で大麻所持や使用を「非犯罪化」することが必要だと訴え』
選挙と一緒に、大麻と安楽死についてのreferendumをやっているということを初めてしった。
吸えばわかるさ!
いよいよ本日!
ニュージーランドで嗜好大麻の是非を巡って
世界初、国民投票が行われますね。
どうなることやら。
とても興味深いです。

価値観がどんどん入れ替わる瞬間を目の当たりにできて最高にエキサイティングです👍
17日(土)に締め切りのNZ国政選挙。今回は「大麻合法化」「安楽死合法化」の国民投票も行われます。
私は大麻合法化にNO。酔っ払いですら相手したくないのに、ラリった人間が増える未来しか見えない。

----
ちょうど半々に割れてんのね
総選挙話と一緒に、これも俎上にあげるのかな?
総選挙に合わせ、大麻合法化を巡ってNZで世界初の国民投票が行われる。

賛成が過半数に達すれば、次期政権が合法化の法案を国会に提出。
20歳以上であれば、認可された店舗で乾燥大麻を1日に14gまで購入できるほか、個人で最大2株、1世帯当たり最大4株の栽培が可能になる。
日本は相変わらず
大麻と覚醒剤が同じもののように
お上によって
布教されていく
タバコとアルコールには相変わらず寛大
オリンピックもし出来て海外から
オープンな国からどんどんくるけどどうすんだ?
これは注目!
結果が楽しみですね。
嗜好用大麻の使用合法化の是非を問う国民投票が行われる。国民の多くが大麻を使用した経験があるとされ、医療用大麻の利用も認められていることから賛成派が多いとみられていたが、健康への懸念などから反対派も勢いを増しており、国論を二分している。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR