TOP > 社会 > 菅首相、学術会議任命拒否認める 「前例踏襲いいのか」:東京新聞 TOKYO Web

菅首相、学術会議任命拒否認める 「前例踏襲いいのか」:東京新聞 TOKYO Web

10コメント 2020-10-05 20:29  東京新聞

菅義偉首相は5日、内閣記者会のインタビューに応じ、日本学術会議が推薦した新会員候補6人の任命を拒否したことを事実上認めた。「推薦された...

ツイッターのコメント(10)

@L0niQugajdcFMTY まず菅氏自身が「推薦された方を任命する責任は首相にある」と格好よく宣言してたんですけどね。なのにこんな無様な責任逃れを図ってる時点で極めて無責任。首相の責任だの国民の自助だの、国民に責任を訴える資格などありません。
「違憲」でないなら理由を説明すべき。"前例踏襲"こそ無関係、学術法に拒否権の規定は無い。
「前例踏襲いいのか」(共同通信)

安倍前首相は性格的にも優しいけど、菅首相はそうはいかん
自分の行為がどういう意味を持つのか全く理解できない人間なのだろう。悲しいことだが、見過ごすわけにはいかない。
当人は「自助・共助・公助」などという古臭い前例を踏襲しており...
これで全て通るのなら、これからの社会、経済、法律もそうなるのかもよ、独裁劣化政権😩
前例を踏襲していいのか立ち止まって考えるのはいいけれど、憲法違反が疑われる逸脱をしたいなら納得のいく説明をして国会で審議してからにして欲しい。
「認める」で終わらせるな。なぜ6名を任命拒否したのか理由をきちんと追及しなさい。
なぜ「かの6人を任命しなかったのか」についての説明がない。「(菅首相は)『推薦された方を任命する責任は首相にある。前例を踏襲していいのかを考えた』と述べた。憲法が保障する『学問の自由』への侵害との指摘には『全く関係ない』として別問題だと強調した」(東京新聞)
言葉の使い方が気になる→ 「前例踏襲いいのか」 「推薦された方を任命する責任は首相にある。前例を踏襲していいのかを考えた」と述べた。憲法が保障する「学問の自由」への侵害との指摘には「全く関係ない」として別問題だと強調した。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR