TOP > 社会 > 発電所への巨額援助で国民の負担増? 小売会社が悲鳴「電気代を上げないと…」:東京新聞 TOKYO Web

発電所への巨額援助で国民の負担増? 小売会社が悲鳴「電気代を上げないと…」:東京新聞 TOKYO Web

35コメント 2020-10-04 22:43  東京新聞

発電所を持つ電力会社を援助するため、電気を仕入れて家庭や企業に売る小売会社などが、巨額資金を毎年徴収される制度がスタートした。初年とな...

ツイッターのコメント(35)

ほとんどが金のかかる原発に費やされる可能性。新たな原発支援では:
アベノマスク 462億円
加計学園   176億円
官房機密費 領収書なし 56億円
東電など大手電力会社 1兆6000億円  😱


学術会議 10億円
朝日新聞記事よりもっと過激な東京新聞記事。またこの記事を見た一部左派論客および環境系NGOの吹き上がりがすごい…環境大臣もアレだし。
この論題、公共経済学の知識が必要ですが最近の学部レベルではやってないか。。

 小売会社が悲鳴
まーた中小末端からむしり取って大手が開けた口に流し込むのか。
「『原発・石炭火力に有利、再エネに不利、泣くのは国民』って切り口で行こう」とかのデスクの鶴の一声で記事作ってみました、みたいなやつだろうか。スポット市場価格下落で濡れ手で粟の「フリーライダー」達の「頑張れ東京新聞!」って声が聞こえた気がした
再生エネ賦課金と同じく別出しで表示してみたら良いのでは?

東京新聞: 小売会社が悲鳴「電気代を上げないと…」.
朝日新聞さんに続いて東京新聞さんも「やらかしちまった…」という感じ。容量市場の問題を追求するのはよいことですが、勇み足や極論では相手を説得させることはできません。容量市場は支援や援助ではなく、電力の安定供給の価値を可視化するものです。そこは極論しちゃダメ。
どれだけ中抜きしてんのよいい加減にしろ
火力発電所などの維持・更新を支える容量市場の仕組みや再生エネに対する悪影響などの課題のまとめです。

容量市場が導入された理由や海外の状況をQ &Aでまとめた解説も。
既存の電力会社への無展望な支援が、環境対応の技術革新を阻害している。
他にやり方というものがあるはずです。
容量市場制度は国民負担増を招かない。

発電設備を持たない新電力の一部が困るだけ。

もっとも、安価安定供給にとって最適なのは総括原価方式による査定料金規制。


 小売会社が悲鳴「電気代を上げないと…」
市場原理では座礁資産となる火力発電を電力小売り会社から徴収する生き血を吸うゾンビにして生き延びさせる「容量市場」を導入すると言う。
朝日新聞の報道に悪乗り。どうして、朝日も、東京も、大手電力叩きの歪んだ記事になるのでしょうか?
「発電所を持つ電力会社を援助するため、電気を仕入れて家庭や企業に売る小売会社などが、巨額資金を毎年徴収される制度」開始。原発1基、年平均90億円ほどが電力会社に援助。怒!
"電力会社に提供可能な発電能力と希望する代金を入札方式で提出させる「容量市場」の仕組みを導入した。だが、7月の初入札で援助総額が想定を上回る1兆6000億円に膨らんだことが先月発表され、小売会社が「受け入れがたい」と批判する事態に陥っている"
そんなに甘やかすなとは確かに思うけど、批判する人たち、燃料代や修繕費がいくらかかるかちゃんと確認してるんだろうか。
これも公助ですね🤔
 

発電所を持つ大手電力などを助ける 巨額資金援助制度が始まる。容量市場 と呼ばれる入札で決まった援助額は初年度1兆6000億円。電気代値上げで国民負担増が必至。原発や石炭火力は「棚ぼた」で儲かる仕組み。
小売会社が悲鳴
『一方、傘下に小売会社と発電会社の両方を抱える東京電力など大手電力は、小売部門で負担は増えるが、発電部門では大きな増収が見込める~再エネ発電事業者の多くは援助制度の対象外のため、お金は入らない』
自公政権は一貫してるな。ここでも弱い者から奪い取り、強い者を肥え太らせる。
>原発や石炭火力まで「棚からぼた餅」でお金が入る日本式は国民負担の増加や再エネ普及の遅れといった弊害が懸念されます。
:「 小売業界に新規参入した「新電力」と呼ばれる小規模の数百社には特に重荷だ。」「「電気代を1割上げないと経営できないレベルだ」と強調する」-引用-
引用→NPO法人原子力資料情報室の松久保肇氏は「原発や古い石炭火力の延命につながる」と批判する。既に元を取った発電所でも大金が入るため、環境に配慮した発電所を新設するより、原発や石炭火力を長持ちさせた方がもうかる可能性があるという。

東京新聞
電気小売会社なんて、要するに、電気の転売しているだけだからな。電気小売会社を選ぶならENEOSや東急電鉄みたいに自前の発電設備を持っているところじゃないとな。
そもそも再エネで電力価格下がってるってほんまなのこれ??
あとやっぱ面積効率の悪い再エネより火力原子力やろって思うんやが
あと安定性
再エネは課題が多すぎる
発電所を持つ電力会社を援助するため、電気を仕入れて家庭や企業に売る小売会社などが、巨額資金を毎年徴収される制度がスタートした。
経産省でなく計算商か搾り取り大手電力会社に天下りルートづくり悪業スカ内閣 @発電所への巨額援助で国民の負担増
#時代に逆行するエネルギー政策

発電所を持つ電力会社を援助するため、電気を仕入れて家庭や企業に売る小売会社などが、巨額資金を毎年徴収される制度がスタート
原発や古い石炭火力の延命をねらう

世界の潮流は再生可能エネルギー

ここにもガラパゴス
ドイツはこの制度を導入せず、電力供給に余裕がない緊急時のみ一部の発電所を動かします。巨大な蓄電池で電力不足に備えようとしている地域もあります。

こういう国があるのに、日本は火力と原子力頼み。遅れるばかり
再生可能エネルギーと新電力潰しで、大手中心の旧体制強化→  発電所を持つ電力会社を援助するため、電気を仕入れて家庭や企業に売る小売会社などが、巨額資金を毎年徴収される制度がスタートした
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR