TOP > 社会 > 浅草、銀座、秋葉原、歌舞伎町…再起への道探る コロナで地価大幅下落:東京新聞 TOKYO Web

浅草、銀座、秋葉原、歌舞伎町…再起への道探る コロナで地価大幅下落:東京新聞 TOKYO Web

10コメント 2020-09-30 06:39  東京新聞

29日発表された東京都内の基準地価には、コロナ禍で都内の観光地や繁華街から客足が遠のいた影響が明確に表れた。特に下落幅が大きかった浅草...

ツイッターのコメント(10)

☁固定された場所・・・

固定された時間に、固定されたサービスだけでは、やっていけないという。
これからの店舗ビジネスは、新たな方向へ展開が求められる。そこに勝機が隠れているように思える。
僕の地元の方は結構上がってるなぁ。
銀座の東なんだけど
空室 結構あるけど
家賃は下がらないね。
大家さんが 強きというか orz。
だから ドンドン 空きが増える。
地価が下がるの頷ける orz。
今夏の予定だった東京五輪開催、インバウンド(訪日外国人客)などを見込んだホテル建設ラッシュは、コロナ禍で急ブレーキ。経営が行き詰まり、人影のない外国人客向けの低価格ホテルも目立つ。
秋葉原の地価 コロナで5%下落
安定的に街を訪れる常連客を増やすことが必要
再起への道を探る
【東京新聞】
「今年1~7月の地価下落率が約11%と都内で最も大きかった西浅草2丁目。」なるほど地元はいまそんな状態だったのか。:
民泊も同様。街を壊し、人が離れ、安手のものが占拠
「破壊と創造」などとは無縁

1~7月の地価下落率約11%
都内で最大西浅草2丁目
「浅草では開業すらできずに断念したホテルもいくつかある」
浅草観光連盟の冨士会長(72)
”年間の下落率が約6%だった銀座7丁目の基準地に近い飲食店街「銀座コリドー街」は閉店が相次ぎ、都の営業時短要請が終了後も、客足は戻らない”

ナンパのメッカも今は昔。
金曜夜のコリドーナンパもなくなりつつあるのか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR