TOP > 社会 > 臭いが気になって寝られない…「コロナうつ」相談急増 専門家「不安を紙に書き出す」:東京新聞 TOKYO Web

臭いが気になって寝られない…「コロナうつ」相談急増 専門家「不安を紙に書き出す」:東京新聞 TOKYO Web

11コメント 2020-09-29 06:55  東京新聞

新型コロナウイルスの感染が収まらず、不安や憂鬱、いら立ちを訴える「コロナうつ」とも呼ばれる相談が、各地の精神保健福祉センターや民間の相...

ツイッターのコメント(11)

太田理英子記者に取材いただいた当団体の記事が、東京新聞に掲載されました。
小さなストレスの蓄積で急に大きく落ち込んでしまうケースもあります。環境の変化は想像以上の負担があります。気持ちを話すこと、ご自分を労わること、大切にしていただければと思います。
いまの騒動が全部フェイクだと真に理解できれば、問題は解決できるけども、そもそもそれが出来るような人間ならば、新生活様式なんか浸透しなかったか。

臭いが気になって寝られない…「コロナうつ」相談急増 専門家「不安を紙に書き出す」:東京新聞
専門家「不安を紙に書き出す」「情報過多に陥らないように」 コロナ感染が収まらず と呼ばれる相談が、各地の精神保健福祉センターや民間の相談窓口に相次ぐ。心の不調とどう向き合えばよいのか。
新型コロナウイルスの感染が収まらず、不安や憂鬱、いら立ちを抱く心の不調にどう向き合えばいいのか。精神科医らの助言や悩みの相談先リストです。
適応障害に近いんだったら現在の新型コロナを特別扱いして社会全体が過剰対応、対策をしてる状況が原因なわけで、やっぱり元どおりの日常に戻すしか解決方法はないと思うんですが。
統計データ見て、感染症学会のレポート読め。
情報の仕入れ先を間違えてるから異常に不安を抱いているんだから。
コロナの死者数より、コロナを気にしすぎてうつになって自殺する死者数のほうが多くなるかも
専門家「不安を紙に書き出す」

対処法は「不安の正体を明確にすることが大事」です。正体が分からないから不安なのです。何を不安に思っているのかはっきりすれば、それだけで大分落ち着きます。お試しあれ。
専門家「不安を紙に書き出す」「情報過多に陥らないように」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR