TOP > 社会 > 不妊治療、情報不足で病院選びに苦労 ビジネス目的で利益追求に走る施設も:東京新聞 TOKYO Web

不妊治療、情報不足で病院選びに苦労 ビジネス目的で利益追求に走る施設も:東京新聞 TOKYO Web

14コメント 2020-09-29 06:54  東京新聞

菅内閣は、不妊治療の保険適用拡大の実現に動きだした。30日締め切りの2021年度予算の概算要求に、まずは現在の治療費助成の拡充が盛り込...

ツイッターのコメント(14)

治療成績の開示してるところも施設ごとに統計の方法全然違う。そこもちゃんと決めないと。継続妊娠率50%超えなんて普通ありえないからな

不妊治療、情報不足で病院選びに苦労 ビジネス目的で利益追求に走る施設も:東京新聞
川田篤志氏、不妊治療とその周辺についての記事を何本も書いてくださっていた!
これまでも目に入ってきた記憶のある記事を書かれたのがあの川田さんだったのか🥺
それはヒアリング出席にあたって当事者からメールが来るわけだなぁ…
東京:不妊治療、情報不足で病院選びに苦労 ビジネス目的で利益追求に走る施設も(川田篤志)
保険適用で標準化が進むのだな
これは私も思います。
不妊治療はどの医院でも良いということはなく、技術のあるところはまだまだ少なく感じます。
たまたま知人に紹介してもらったレディースクリニックで授かることが出来ましたが、治療実績や患者さんからの評価が分かる仕組みを設けて欲しいと思います。
経済的負担の軽減はもちろんですが、当事者自身が納得できる『最適』な治療に「最短』でアクセスできる環境の整備を望みます!(M)
「赤ちゃんほしい」につけ込む病院も…
不妊治療専門の小柳医師は、ビジネス目的で参入し利益追求に走る病院もあり、施設ごとの治療成績の開示が進んでいない現状でのリスクの存在。保険適用する上で「国が一定の治療成績以上という(適用の)基準をつくれば開示が進む」と。
重い治療費負担を強いられている当事者らから歓迎の声が上がる一方、情報の乏しさによる病院選びの難しさなど治療環境の改善を求める要望も強く、課題として浮かび上がる。

「赤ちゃんほしい」につけ込む病院も…不妊治療の保険適用、課題だらけ
ご一読を。

「赤ちゃんほしい」につけ込む病院も…不妊治療の保険適用、課題だらけ:東京新聞
不妊治療にビジネス目的で参入して利益追求に走る病院もあり、施設ごとの治療成績の開示が進んでいない現状では、患者が不利益を受けるリスクが伴う「赤ちゃんほしい」につけ込む病院も…不妊治療の保険適用、課題だらけ:東京新聞
病院側が公表する成績じゃなくて、病院ごと公平な基準の成績を比較できるデータを国が進めて出してほしい。
「赤ちゃんほしい」につけ込む病院も…不妊治療の保険適用、課題だらけ 菅内閣は、不妊治療の保険適用拡大に動き出す。来年度の概算要求に治療費助成の拡充。当事者の歓迎の声が上がる一方、病院選びの難しさなど治療環境の改善を求める要望も強く、課題が残る
「赤ちゃんほしい」につけ込む病院も…不妊治療の保険適用、課題だらけ:東京新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR