TOP > 政治・経済 > 女性がいない党首選、野田聖子議員が感じた違和感<視点>:東京新聞 TOKYO Web

女性がいない党首選、野田聖子議員が感じた違和感<視点>:東京新聞 TOKYO Web

10コメント 2020-09-29 06:55  東京新聞

相次いで行われた自民党と野党の合流新党の党首選は、いずれも女性候補が不在だった。自民党で女性候補がいたのは、東京都の小池百合子知事が衆...

ツイッターのコメント(10)

女石破茂とよばれっぞ
立候補すりゃいいじゃん。どの道力も人気もないから無理だけどな:
まずは女性候補者の発掘が必要。"抜本的な問題として長年、指摘されているのは、女性議員の圧倒的な少なさ。候補者の男女数を均等にするよう促す議員立法「政治分野における男女共同参画推進法」が18年に成立したが、与野党ともに改善へ向けた取り組みは鈍い"
答えは簡単。だって自民党だから。この一言で十分でしょ。野田さんもグチグチ言ってるだけじゃなーんにも変わらないよ。
女性がいない党首選・・・有能な女性議員が居なかったんですね。他人に文句を言う前に、自分ではなぜ駄目なのかを自身に問うのが政治家ではないですかね。自身が勝ち馬になれば良いだけです。
野田聖子や蓮舫が首相になるくらいだったら、これからもずっと男性首相でいいと思う女です。
これは本人の資質の問題では?ご家族のこともあり、自ら世間の信用を失った方が、女性である事を言い訳に使ってるだけ…。女性でも信用できる方がいれば、支持されるはずです。
野田、稲田?無能なのに野心だけは強い他の国会議員と同じ。女性を言い訳に、自身の無能さに気付かない。だから総裁選に出られない。他の女性に失礼だ。
自民党政治は女性がリーダーになれない、爺さんばかりが集団で行う政治しかできない、野田聖子氏が総裁選に出場しようとしたが完全につぶさられた
杉田や三原のような馬鹿性女いかも困るけれど
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR