TOP > 社会 > 世界で再生エネ発電、原発超える コストも優位、欧米は廃炉進む:東京新聞 TOKYO Web

世界で再生エネ発電、原発超える コストも優位、欧米は廃炉進む:東京新聞 TOKYO Web

28コメント 2020-09-26 18:28  東京新聞

世界全体の再生可能エネルギーによる発電量が昨年、初めて原発を上回ったとする報告書をフランス、日本、英国などの国際チームが26日までにま...

ツイッターのコメント(28)

後進国化が止まらない...>
昔は「原発は絶対に必要、反対派は電気を使うな!」とか言われてたのに爆発させてからそんな声も聞かなくなったねぇ
まぁ大体地震大国でそんな危なっかしいもんをポンポン持つ方が問題だよ🙄
再エネ分野でも世界をリードしていたのが、いつの間にか後塵を拝する立場に。

原発なんかに拘って趨勢を見誤った政官財のク◯どもに、心の底から怒りを覚えます。

ところが自民党は
これからの10年で原発を10倍にするつもりでいる
超絶に良いニュース‼️
それでも日本は原発辞めません♪
チャンスがあれば増やします♪
福島第一原発はアンダーコントロールだし♪
出先で此れ見てびっくりした
世界全体の再生可能エネルギーによる発電量が昨年、初めて原発を上回ったとする報告書をフランス、日本、英国などの国際チームが26日までにまとめた。
すごいやん
国際エネルギー機関(IEA)の4月末時点での予測では、2020年はコロナ禍による電力需要の落ち込みにより、再エネ以外の一次エネルギーは減少する一方で再エネだけ上昇するという見立てでしたが、既に昨年の時点で原発を超える発電量を再エネが賄っていたようですね。
専門家は「原発の発電コストは高く、世界のエネルギー市場で競争力を完全に失っている」と指摘。
日本政府や原発関連企業は、いつこの事実を認め、方針を廃炉へと転換するんだろうか。
国民が声を上げないと、第2の事故が起きるまでズルズルいっちゃう気がする。
”「原発の発電コストは高く、世界のエネルギー市場で競争力を完全に失っている」”
それでも、日本には地震、津波、火山の噴火、台風、大洪水などの危険があるのに続けている。神風特攻国。
〈世界全体の再生可能エネルギーによる発電量が昨年、初めて原発を上回ったとする報告書を…国際チームが26日までにまとめた…「原発の発電コストは高く、世界のエネルギー市場で競争力を完全に失っている」〉

 コストも優位
世界での再エネ発電量が原発を超えました🎉コストも再エネが優位だそうで、欧米は原発の廃炉が進んでいます🕊

いつかエネルギーも野菜のように地産地消が当たり前になる🌿

まずは家でできる もオススメ🏡💡
日本も、政権交代で電力政策の転換を。「チームの一員でコンサルタントのマイクル・シュナイダー氏は『原発の発電コストは高く、世界のエネルギー市場で競争力を完全に失っている』と指摘」。「 コストも優位、欧米は廃炉進む」
「原発の発電コストは高く、世界のエネルギー市場で競争力を完全に失っている」
世界ではこれが当たり前、日本も知ってるはずなのに。
電力量(Wh)と電力(W)の違いは意識する必要があるが、構造が変わっていることは事実だ

世界全体の再生可能エネルギーによる発電量が昨年、初めて原発を上回ったとする報告書をフランス、日本、英国などの国際チームが26日までにまとめた
これが世界の流れか?
早く原発をやめるという基本を確認することが必要だ。
電力会社も早く世界の趨勢を意識しろ。ともかく、税金を使うのをやめろ。
日本の経産省が原発にしがみついている間に、世界は次の時代へ進もうとしている。
コストは技術開発と普及による量産化で下がる。
古い技術にしがみつき、再生エネルギーで世界のリーダーになるチャンスを経産省は捨てたのだ。罪は深い。
いま放射性廃棄物処分場で北海道の寿都町と神恵内村で調査受け入れに向けて自治体を二分するような議論が始まっている
10万年の維持管理が必要な施設が求められる原発
電力会社だけでは負担できまい
結局国費投入が不可欠
ところで、10万年後日本列島に人が住んでる?
こうしたなかで日本では老朽化原発の稼働さえ進めているのは電力会社の利益を保全するためというしかない…
を経験した日本は世界の流れに乗り遅れている。



世界の再生可能エネルギーによる発電量が昨年、初めて原発を上回った。原発は先進国で廃炉の動きが相次ぎ、前年をやや上回る水準に留まった。
世界の趨勢は、再生可能エネルギーの拡大だ→ 世界全体の再生可能エネルギーによる発電量が昨年、初めて原発を上回ったとする報告書をフランス、日本、英国などの国際チームが26日までにまとめた。
世界では再生可能エネルギーが主流となっているのに日本は安倍の8年間の原発大好き政策によって決定的な遅れをとった。安倍継承でさらに遅れる。立憲が再生可能エネルギーを主要公約に入れたことが救い。
日本も早くこの時流に乗らないと、ますます後退国になる。危険な上にコスパの悪い原発は、もう要らない!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR